Workstation Pro ウィンドウを使用して、仮想マシンを操作できます。

手順

  • ホーム タブにあるアイコンを使用して、新しい仮想マシンを作成したり、既存の仮想マシンを開いたり、Workstation Pro のヘルプ システムを表示したりできます。
  • ライブラリでパワーオフ状態の仮想マシンを選択するか、そのタブをクリックすると、仮想マシンの概要ビューが表示されます。

    概要ビューには、構成情報の概要と仮想マシンの状態が表示されます。概要ビューから、仮想マシンのパワーオンおよび仮想マシンの設定の編集を実行できます。

  • ライブラリでアクティブな仮想マシンを選択するか、そのタブをクリックすると、コンソール ビューが表示されます。

    コンソール ビューは、物理コンピュータのモニタ表示に似ています。ツールバーにある [コンソール ビュー] ボタンをクリックすることで、コンソール ビューと概要ビュー間を切り替えることができます。

  • Workstation Pro ウィンドウの上部のメニュー バーにある VM メニューを使用することで、選択した仮想マシンのすべての操作を実行できます。

    VM メニューは、仮想マシンがパワーオンまたはパワーオフ状態のときに使用できます。仮想マシンの現在の状態でサポートされていない操作の場合は、そのメニュー項目を使用できません。

  • ライブラリで仮想マシンを選択して、Workstation Pro ウィンドウの上部のツール バーにあるボタンを使用することで、選択した仮想マシンの一般的な操作と表示の変更を実行できます。

    ツール バーにあるボタンでは、スナップショットの作成と管理、フル スクリーン モードとユニティ モードの開始、複数のモニタのサイクル、およびコンソール ビューと概要ビュー間の切り替えを実行できます。

  • 仮想マシンがパワーオン状態の場合、Workstation Pro ウィンドウの下部のステータス バーにあるアイコンを使用して、Workstation Pro のメッセージを表示したり、CD/DVD ドライブ、フロッピー ドライブ、ネットワーク アダプタなどの仮想デバイスを操作したりできます。

    取外し可能デバイスのアイコンをクリックまたは右クリックすることで、デバイスの接続または切断を実行したり、デバイスの設定を編集したりできます。メッセージ ログ アイコンをクリックすると、メッセージ ログが表示されます。メッセージには、仮想マシンに関する警告情報が含まれます。アイコンの表示が薄いときは、すべてのメッセージが既読であることを表します。

  • ライブラリ内のアイテムを選択するか、タブをクリックすることで、仮想マシン、フォルダ、リモート ホスト間の切り替えをすばやく実行できます。