仮想ハード ディスクを拡張して、仮想マシンにストレージ領域を追加できます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオフします。

  • 仮想ディスクがマッピングまたはマウントされていないことを確認します。仮想ディスクがマップまたはマウントされている場合は、拡張できません。

  • 仮想マシンにスナップショットがないことを確認します。

  • 仮想マシンがリンク クローンまたはリンク クローンの親でないことを確認します。

    [サマリ] ページの仮想マシン名文字列によって、仮想マシンがリンク クローンであるかを判断できます。「Clone of: 仮想マシン名」という文字列が含まれている場合、仮想マシンはリンク クローンです。「Snapshot: Snapshot for 仮想マシン名」という文字列が含まれている場合、仮想マシンはリンク クローンの親です。

このタスクについて

仮想ハード ディスクを拡張しても、仮想マシンで追加領域をすぐに使用できるわけではありません。追加された領域を使用可能にするには、ディスク管理ツールを使用して、拡張されたサイズに一致するように仮想ハード ディスク上の既存のパーティションのサイズを増やす必要があります。

使用するディスク管理ツールは、仮想マシンのゲスト OS によって異なります。Windows Vista、Windows 7、Windows 8、Linux の一部の バージョンなど、多くのオペレーティング システムには、パーティションのサイズを変更できる組み込みのディスク管理ツールが用意されています。EASEUS Partition Master、Acronis Disk Director、オープン ソース ツールの GParted などの、サード パーティ製ディスク管理ツールも利用できます。

仮想ハード ディスクのサイズを拡張しても、パーティションとファイル システムのサイズは影響を受けません。

仮想ハード ディスクの拡張に代わる方法として、仮想マシンに新しい仮想ハード ディスクを追加できます。仮想マシンへの新しい仮想ハード ディスクの追加を参照してください。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで、拡張する仮想ハード ディスクを選択します。
  3. ユーティリティ > 拡張 を選択します。
  4. 仮想ディスクの新しい最大サイズを設定します。

    仮想ディスクは 0.001 GB から 8192 GB の範囲内でサイズを指定できます。

  5. 拡張 を選択します。
  6. ディスクの拡張プロセスが終了したら、OK をクリックします。

次のタスク

ディスク管理ツールを使用して、ディスクのパーティション サイズを、拡張した仮想ディスクのサイズと一致するように増やす必要があります。