スナップショットを構成すると、Workstation Pro で特定の仮想ディスクについてのみ状態を保存できます。

始める前に

  • 仮想マシンをパワーオフします。

  • 既存のスナップショットを削除します。

このタスクについて

特定の構成では、一部のディスクをスナップショットに戻し、他のディスクの変更は保持しておくことが必要な場合があります。たとえば、オペレーティング システムとアプリケーションが含まれたディスクはスナップショットとして保持しておき、ドキュメントが含まれたディスクへの変更を常に保存する必要がある場合があります。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで、除外するドライブを選択して 詳細 をクリックします。
  3. 独立 を選択し、ディスク モードを選択します。

    オプション

    説明

    通常

    変更はその場で恒久的にディスクに書き込まれます。通常モードのディスクは、物理コンピュータ上の従来のディスクと同じように動作します。

    読み取り専用

    パワーオフするかスナップショットを復元すると、ディスクの変更内容が破棄されます。読み取り専用モードでは、仮想ディスクは、仮想マシンを再起動するたびに同じ状態になります。ディスクに対する変更内容は、REDO ログに書き込まれ、REDO ログファイルから読み込まれますが、REDO ログ ファイルは、仮想マシンをパワーオフまたはリセットした時点で削除されます。