VMware® Workstation Player は、他の VMware 製品で作成された仮想マシンを開いて再生します。Windows ホストでは、Workstation Player は Microsoft Virtual PC と Virtual Server 仮想マシン、および Symantec LiveState Recovery とシステム イメージも開いて再生できます。

始める前に

仮想マシンに Workstation Player との互換性があることを確認します。互換性を維持した仮想マシンの構成を参照してください。

このタスクについて

Workstation Player は VMware Workstation Pro で提供されます。Workstation Player アプリケーション ファイルは、Workstation Pro をインストールすると Workstation Pro プログラム ファイルと一緒に保存されます。Windows ホストでのファイル名は vmplayer.exe です。Linux ホストでのファイル名は vmplayer です。

注:

Workstation Player のスタンドアロン バージョンは、当社の Web サイトから無料でダウンロードできます。

手順

  1. Workstation Player を起動します。

    オプション

    操作

    Windows ホストの GUI から

    スタート > プログラム > VMware > VMware Player を選択します。

    Windows ホストのコマンド ラインから

    path\vmplayer.exe と入力します。path はアプリケーション ファイルのパスです。

    Linux X セッションから

    System Tools メニューなど、対応するプログラム メニューから VMware Player を選択します。

    Linux ホストのコマンド ラインから

    vmplayer & と入力します。

  2. ファイル > 仮想マシンを開く を選択して、仮想マシン構成ファイル (.vmx) を参照します。
  3. 仮想マシンを選択して、仮想マシン > パワー > 仮想マシンの再生 を選択して、Workstation Player で仮想マシンを起動します。