仮想ネットワーク アダプタの詳細設定で、仮想マシンの送受信データ転送に関するバンド幅を制限したり、許容するパケット ロスの割合を指定します。

このタスクについて

注:

共有仮想マシンやリモート仮想マシンでは、仮想ネットワーク アダプタの詳細設定を構成できません。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. ハードウェア タブで仮想ネットワーク アダプタを選択し、詳細 をクリックします。
  3. バンド幅の設定を選択します。

    オプション

    説明

    特定のネットワーク接続タイプのデータ転送速度に送受信データ転送を制限

    バンド幅 ドロップダウン メニューからネットワーク接続のタイプを選択します。Kbps テキスト ボックスの値は、選択したネットワーク接続タイプのデータ転送速度(KB/秒)に置き換わります。たとえば、専用回線 T1(1.544 Mbps) を選択すると、Kbps テキスト ボックスの値は 1544 に変更されます。

    送受信データ転送を特定のデータ転送速度に制限

    カスタム を選択し、Kbps テキスト ボックスにデータ転送速度を KB/秒で入力します。

  4. 送受信データ転送で許容するパケット ロスの割合を パケット ロス(%) テキスト ボックスに入力します。

    デフォルトの設定は 0.0% です。

  5. OK をクリックして、変更を保存します。