AutoProtect 機能を使用すると、指定した一定の間隔でスナップショットが作成され、仮想マシンの状態が保存されます。このプロセスは、いつでも作成できる手動スナップショットに加えて実行されます。

このタスクについて

仮想マシンで AutoProtect スナップショットを有効にすると、AutoProtect スナップショットによって占有される最小ディスク領域の推定値が Workstation Pro仮想マシン設定 ウィンドウに表示されます。最小ディスク領域のサイズは、仮想マシン用のメモリ設定の影響を受けます。仮想マシンのメモリ量が多いほど、AutoProtect スナップショットに使用できるディスク領域が大きくなります。

AutoProtect 機能にはいくつかの制限があります。

  • AutoProtect では仮想マシンがパワーオン状態のときだけスナップショットが作成されるため、AutoProtect スナップショットのクローンは作成できません。仮想マシンのクローンは、仮想マシンがパワーオフ状態の場合にのみ作成できます。

  • Workstation Pro で仮想マシンに対して AutoProtect が有効になっていても、Workstation Player では AutoProtect スナップショットは作成されません。

  • AutoProtect 機能は共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンには構成できません。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. オプション タブで AutoProtect を選択し、AutoProtect の有効化 を選択します。
  3. スナップショットの間隔を選択します。

    オプション

    説明

    30 分ごと

    30 分ごとにスナップショットが作成されます。

    1 時間ごと

    1 時間ごとにスナップショットが作成されます。

    毎日

    毎日スナップショットが作成されます。

    この間隔は、仮想マシンがパワーオンされているときにのみ計測されます。たとえば、AutoProtect でスナップショットを 1 時間ごとに作成するように設定し、その 5 分後に仮想マシンをパワーオフにした場合、仮想マシンがパワーオフ状態だった時間の長さにかかわりなく、仮想マシンを再度パワーオンしてから 55 分後に次の AutoProtect スナップショットが作成されます。

    1 つのスナップショットが複数の層に一致する場合でも、Workstation Pro は層ごとに 1 つのスナップショットしか作成しません。

  4. 保持する AutoProtect スナップショットの最大数を選択します。

    AutoProtect スナップショットが最大数に達した後は、新しい AutoProtect スナップショットが作成されるたびに、Workstation Pro は最も古い AutoProtect スナップショットを削除します。この設定は、作成および保持できる手動スナップショットの数には影響しません。

  5. OK を選択して変更を保存します。