仮想マシンをフォルダに追加すると、その仮想マシンは独立したエンティティのままですが、バッチ電源操作も実行できるようになります。たとえば、フォルダ内の各仮想マシンを個別にパワーオン、サスペンド、およびレジュームすることも、フォルダ内のすべての仮想マシンを同時にパワーオン、サスペンド、およびレジュームすることもできます。

手順

  1. フォルダが存在しない場合は作成します。

    オプション

    説明

    ライブラリのトップ レベルにフォルダを作成

    マイ コンピュータ を右クリックし、新しいフォルダ を選択し、フォルダ名を入力します。フォルダがライブラリの マイ コンピュータ の下に表示されます。

    サブフォルダを作成

    フォルダを右クリックし、新しいフォルダ を選択し、フォルダ名を入力します。新しいフォルダがライブラリ内のフォルダの下に表示されます。

    作成できるフォルダまたはサブフォルダの数に制限はありません。

  2. 仮想マシンをフォルダに追加するには、ライブラリ内で仮想マシンを選択し、フォルダにドラッグします。

    仮想マシンがライブラリ内のフォルダの下に表示されます。フォルダに追加できる仮想マシンの数に制限はありません。