Workstation Pro からサポート スクリプトを実行して、ローカル ホスト システムおよびローカル ホスト システムで実行している選択した仮想マシンからサポート データを収集できます。

始める前に

  • サポート リクエストを作成します。サポート リクエストの登録と作成を参照してください。

  • ログのレベルを上げます。デバッグ情報の収集を参照してください。

  • 特定の仮想マシンからサポート データを収集する場合は、最新バージョンの VMware Tools がインストールされていることを確認し、仮想マシンをパワーオンします。

このタスクについて

Linux ホストでは、root としてログインしていないためにある特定の情報を集めることができないとのメッセージが表示されます。当社のテクニカル サポートがその情報を必要とする場合は、サポート担当者がお客様にターミナル ウィンドウから root として再度スクリプトを実行するようにお願いします。Linux ターミナル ウィンドウからのサポート スクリプトの実行を参照してください。

手順

  1. ホスト システムで、Workstation Proヘルプ > サポート > サポート データの収集 を選択します。

    オプション

    説明

    ホスト システムおよび仮想マシンからデータを収集するには、

    仮想マシンを選択し、収集 をクリックします。複数の仮想マシンを選択できます。

    ホスト システムからデータを収集するには、

    すべての仮想マシンの選択を解除し、収集 をクリックします。

    Windows ホストでは、スクリプトは収集したデータの .ZIP ファイルを作成し、Windows エクスプローラーを開いてファイルを表示します。.ZIP ファイルのディレクトリの場所を選択します。Linux ホストでは、サポート スクリプトはユーザーのホーム ディレクトリに圧縮した .TGZ ファイルを作成します。

  2. .ZIP または .TGZ ファイルをサポート リクエストに追加します。