ホスト システムでスマート カード リーダーを使用するように仮想マシンを構成できます。

始める前に

  • 仮想マシンに USB コントローラがあることを確認します。USB コントローラは、スマート カード リーダーが USB デバイスであるかどうかにかかわらず必要になります。デフォルトでは、仮想マシンの作成時に USB コントローラが追加されます。

  • スマート カード リーダーをホスト システムに接続します。

  • 仮想マシンを起動します。

手順

  • スマート カード リーダーを仮想マシンに接続するには、仮想マシンを選択して VM > 取外し可能デバイス > Shared <smart_card_reader_model>|共有 <smart_card_reader_model> > 接続 を選択します。

    スマート カード リーダーが USB デバイスの場合は、メニューに 2 つの項目が表示されます。両方の項目はともにリーダーのモデル名を使用しますが、1 つの項目名は [Shared|共有] で始まります。

  • スマート カード リーダーを仮想マシンから切断するには VM > 取外し可能デバイス > Shared <smart_card_reader_model>|共有<smart_card_reader_model> > 切断 を選択します。
  • スマート カードを仮想マシンから取り出すには、VM > 取外し可能デバイス > Shared <smart_card_reader_model>|共有 <smart_card_reader_model> > スマート カードの取り出し を選択します。

    スマート カードは仮想マシンから取り出されますが、ホスト システム上には接続されたままです。スマート カードをスマート カード リーダーから物理的に取り出すと、このオプションは無効になります。

  • スマート カードを仮想マシンに挿入するには、VM > 取外し可能デバイス > Shared <smart_card_reader_model>|共有 <smart_card_reader_model> > スマート カードの挿入 を選択します。

    スマート カードをスマート カード リーダーに物理的に挿入すると、スマート カードは仮想マシンにも挿入されます。