バージョンや作成者情報を構成し、仮想マシン内の HTTP アクセス ポートを有効にすることができます。

選択した仮想マシンのアプライアンス詳細を構成するには、[VM] > [設定] を選択し、[オプション] タブをクリックし、[アプライアンス詳細] を選択します。

Workstation 6.x 以降の仮想マシンである必要があります。

注:

アプライアンス詳細は共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンには構成できません。

表 1. アプリケーション詳細オプション

設定

説明

[バージョン]

(オプション) 仮想マシンのバージョン。概要ページの右上隅に表示されます。

[作成者]

(オプション) 仮想マシンの作成者。概要ページの右上隅に表示されます。

[仮想マシン内でアクセスするポート]

HTTP アクセス ポート。このチェック ボックスをオンにすると、仮想マシン内の HTTP アクセス ポートが有効になります。ポート番号も変更できます。デフォルトの HTTP ポートは 80 です。