新規仮想マシン ウィザードでカスタム構成を選択すると、I/O コントローラ タイプを選択するよう求めるプロンプトが表示されます。

Workstation Pro は仮想マシンに IDE コントローラおよび SCSI コントローラをインストールします。一部のゲスト OS は SATA コントローラをサポートしています。IDE コントローラは常に ATAPI です。SCSI コントローラには、BusLogic、LSI Logic、LSI Logic SAS のいずれかを選択できます。ESX ホスト上にリモート仮想マシンを作成する場合、VMware 準仮想化 SCSI (PVSCSI) アダプタも選択できます。

BusLogic および LSI Logic アダプタはパラレル インターフェイスです。LSI Logic SAS アダプタはシリアル インターフェイスです。LSI Logic アダプタの性能は向上しており、標準の SCSI デバイスを使用する場合は、こちらのアダプタの方がスムーズに動作します。さらに、LSI Logic アダプタは ESX Server 2.0 以降でサポートされています。

PVSCSI アダプタは、スループットが高く CPU 利用率が低い高性能なストレージ アダプタです。SAN 環境のようにハードウェアやアプリケーションが大きな I/O スループット量を必要とする環境に最適です。PVSCSI アダプタは DAS 環境には適していません。

注:

どの SCSI コントローラを使うかは、仮想ディスクを IDE、SCSI または SATA のディスクにするかを決める上で影響はありません。

Windows XP などの一部のゲスト OS には、LSI Logic や LSI Logic SAS アダプタ用のドライバが含まれていません。LSI Logic 社の Web サイトからダウンロードする必要があります。LSI Logic 社の Web サイトで Mylex (BusLogic) 互換のホスト バス アダプタ用ドライバを見つけるには、サポート ページをモデル番号で検索します。たとえば、BT/KT-958 ドライバの場合、958 で検索します。

ドライバのサポートに関する詳細については『VMware ゲスト OS インストールガイド』を参照してください。ゲスト OS のサポート情報および既知の問題、および SATA サポートについては、当社 Web サイトからオンラインの『VMware 互換性ガイド』を参照してください。