キーボードは、ローカル X サーバでは正常に動作する場合でも、同じ仮想マシンをリモート X サーバで実行すると、正常に動作しない場合があります。

始める前に

  • リモート X サーバが、PC 上で実行されている XFree86 サーバであることを確認してください。

  • 仮想マシンをパワーオフして、Workstation Pro を終了します。

注:

キーボードが、ローカルで実行されている XFree86 サーバ上で正常に動作しない場合は、当社のテクニカル サポートにお問合せください。

このタスクについて

ローカル X サーバの場合は、Workstation Pro が X キー コードを PC スキャン コードにマッピングし、キーを正しく識別します。Workstation Pro は、リモート X サーバを実行しているのが PC なのか異種のコンピュータなのかを判別できないため、このキー コード マッピングをローカル X サーバだけで使用します。Workstation Pro にキー コード マッピングを使用するプロパティを設定できます。詳細については、X キー コードと Keysyms についてを参照してください。

リモート X サーバのキーボード マッピングを構成するには、仮想マシンの構成ファイル(.vmx)または ~/.vmware/config に適切なプロパティを追加します。

手順

  • XFree86 ベースのサーバを使用しているが、Workstation Pro が XFree86 サーバとして認識しない場合は、xkeymap.usekeycodeMap プロパティを追加し、その値を TRUE に設定します。

    このプロパティは、サーバ タイプに関わらず常にキー コード マッピングを使用するように Workstation Pro に指示します。

    例: xkeymap.usekeycodeMap = "TRUE"

  • Workstation Pro がリモート サーバを XFree86 サーバとして認識しない場合は、xkeymap.usekeycodeMapIfXFree86 プロパティを追加し、その値を TRUE に設定します。

    このプロパティは、XFree86 サーバの使用時は、リモートであってもキー コード マッピングを使用するように Workstation Pro に指示します。

    例: usekeycodeMapIfXFree86 = "TRUE"