パラレルポートを仮想マシンに接続するタイミングと、出力をホスト システム上の物理ポートとファイルのどちらに送信するかを構成できます。

選択した仮想マシンのパラレル ポート設定を構成するには、[仮想マシン] > [設定] を選択し、[ハードウェア] タブをクリックし、パラレル ポートを選択します。

表 1. パラレル ポート設定

設定

説明

[接続中]

仮想マシンの実行中にポートを接続します。

[パワーオン時に接続]

仮想マシンをパワーオンするときにポートを接続します。

仮想マシンのパワーオン時にゲスト OS が該当するパラレル ポート デバイスにアクセスできない可能性がある場合は、この設定の選択を解除します。仮想マシンをパワーオンした後に、[取外し可能デバイス] メニューを使用してパラレル ポートへのアクセスを有効にできます。

[物理パラレル ポートを使用する]

仮想マシンが使用するホスト パラレル ポートを選択します。

[出力ファイルを使用]

仮想パラレル ポートからの出力をホスト システム上のファイルに送信します。既存の出力ファイルの位置を指定するか、またはディレクトリを参照し、ファイル名を入力して新しい出力ファイルを作成します。