デバイスのステータスおよび接続設定により、CD-ROM または DVD ドライブを仮想マシンに接続する場合に特定のドライブを使用するか、または Workstation Pro がドライブを検出することを許可するか、および物理ドライブの代わりに ISO イメージ ファイルを使用するかどうかを指定できます。

選択した仮想マシンのデバイス ステータスおよび接続設定を構成するには、仮想マシン > 設定 を選択し、ハードウェア タブをクリックし、ドライブを選択します。

表 1. デバイスのステータスおよび接続設定

設定

説明

接続中

仮想マシンの実行中にドライブまたは ISO イメージ ファイルを接続します。

パワーオン時に接続

仮想マシンをパワーオンするときにドライブまたは ISO イメージ パスを接続します。

接続

物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルの場所を選択します。

リモート サーバ

(リモート仮想マシンのみ) 物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルは、リモート ホスト上にあります。

ローカル クライアント

(リモート仮想マシンのみ) 物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルは、ローカル ホスト上にあります。

ローカル (セッション間)

(共有仮想マシンのみ) 物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルは、複数のセッション間で使用できます。

ローカル (単一セッション)

(共有仮想マシンのみ) 物理ドライブまたは ISO イメージ ファイルは、このセッションでのみ使用できます。

物理ドライブを使用する

特定のドライブを選択するか、または 自動検出 を選択して Workstation Pro が使用するドライブを検出することを許可します。

ISO イメージ ファイルを使用する

仮想マシンが使用する ISO イメージ ファイルを指定または選択します。

仮想マシンの実行中に CD-ROM または DVD ドライブへのアクセスを有効または無効にするには、仮想マシンを選択し、仮想マシン > 取外し可能デバイス > CD/DVD を選択して、切断 または 接続 を選択します。