仮想ネットワーク エディタを使用して、主要なネットワーク設定の表示と変更、仮想ネットワークの追加と削除、およびカスタム仮想ネットワーク構成の作成を実行できます。仮想ネットワーク エディタで行った変更は、ホスト システムで実行中のすべての仮想マシンに影響します。

Windows ホストでは、ネットワーク設定はすべてのユーザーが表示できますが、設定を変更できるのは Administrator ユーザーのみです。Linux ホストでは、仮想ネットワーク エディタにアクセスするには、root のパスワードを入力する必要があります。

Windows ホストにおいて、Workstation Pro で仮想ネットワーク エディタを起動するには、編集 > 仮想ネットワーク エディタ を選択します。スタート > プログラム > VMware > 仮想ネットワーク エディタ を選択して、ホスト OS から仮想ネットワーク エディタを起動することもできます。

Linux ホストで、仮想ネットワーク エディタを起動するには、アプリケーション > システムツール > 仮想ネットワークの設定 を選択します。お使いの Linux のバージョンによって、メニュー パスが異なる場合があります。コマンド ラインからコマンド vmware-netcfg を実行して仮想ネットワーク エディタを起動することもできます。

重要:

デフォルトに戻す をクリックしてデフォルトのネットワーク設定に復元すると、Workstation Pro のインストール後に行ったすべてのネットワーク設定の変更が永久に失われます。仮想マシンがパワーオン状態のときは、デフォルトのネットワーク設定に復元しないでください。復元すると、ブリッジ ネットワークに重大な破損が発生するおそれがあります。