仮想マシンの共有およびリモート アクセスを有効または無効にしたり、VMware Workstation Server が使用する HTTPS ポートや共有仮想マシン ディレクトリを変更したりできます。

仮想マシンの環境設定を変更するには、編集 > 環境設定 > 共有 VM を選択します。

Windows ホストでこれらの設定を変更するには、このホスト システムの管理者権限が必要です。Linux ホストでは、このホスト システムの root アクセス権を持っている必要があります。

表 1. 共有仮想マシンの環境設定

設定

説明

共有を有効にする または 共有を無効にする(Windows ホスト)

仮想マシンの共有とリモート アクセスを有効にする(Linux ホスト)

仮想マシンの共有を有効にすると、Workstation Pro はホスト システム上で VMware Workstation Server を起動します。共有仮想マシンを作成することができ、リモート ユーザーはホスト システムに接続できるようになります。

仮想マシンの共有を無効にすると、Workstation Pro はホスト システム上で VMware Workstation Server を停止します。共有仮想マシンを作成できなくなり、リモート ユーザーはホスト システムに接続できなくなります。

仮想マシンの共有はデフォルトでは有効になっています。

HTTPS ポート

VMware Workstation Server がホスト システムで使用する HTTPS ポート。デフォルト HTTPS ポートは 443 です。

Windows ホストでは、リモート アクセスおよび仮想マシンの共有が無効になっていないと HTTPS ポートを変更できません。

Linux ホストでは、[環境設定] ダイアログ ボックスでポート番号を変更することはできません。ポート番号は、Workstation Pro インストール ウィザードを実行しているときのインストール時にのみ変更できます。

注:

ポート番号に非デフォルト値が使用されている場合、リモート ユーザーは、ホスト システムへの接続時にポート番号を指定する必要があります (host: port など)。

共有 VM の場所

Workstation Pro が共有仮想マシンを保存するディレクトリです。

ホストに共有仮想マシンが存在する場合は、共有仮想マシン ディレクトリを変更できません。