リンク クローンの親仮想マシンを誤って削除してしまうのを防ぐには、その親仮想マシンをテンプレートとして指定します。テンプレート モードを有効にすると、仮想マシン、および仮想マシンのスナップショットを削除できなくなります。

始める前に

親仮想マシンにスナップショットが 1 つも作成されていない場合は、スナップショットを作成します。仮想マシンのスナップショットの作成を参照してください。

このタスクについて

注:

共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンでは、テンプレート モードを有効にできません。

手順

  1. リンク クローンの親として使用する仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
  2. オプション タブで 詳細 を選択します。
  3. クローン作成に使用するテンプレート モードを有効にする を選択して、OK をクリックします。