リンク クローンは、クローン作成後継続的に親仮想マシンと仮想ディスクを共有する、仮想マシンのコピーです。

リンク クローンは親のスナップショットから作成されるため、ディスク領域が節約され、複数の仮想マシンが同じソフトウェアを使用できます。スナップショットの設定の瞬間に親仮想マシンで利用可能なすべてのファイルは、リンク クローンで使用し続けることができます。

親仮想マシンの仮想ディスクへの継続的な変更は、リンク クローンには影響せず、リンク クローンのディスクへの変更は、親仮想マシンには影響しません。リンク クローンは親仮想マシンへのアクセスが必要になります。親仮想マシンにアクセスできない場合は、リンク クローンを使用できません。

リンク クローンの作成はすばやくできるので、各タスクにそれぞれ独自の仮想マシンを作成することができます。他のユーザーがリンク クローンをすばやく作成できるように、ローカル ネットワーク上に仮想マシンを保存して、他のユーザーと仮想マシンを共有することも可能です。たとえば、サポート チームは仮想マシンのバグを複製し、エンジニアはその仮想マシンのリンク クローンを作成してバグの処理を行うことができます。

リンク クローンからリンク クローンを作成できますが、そのリンク クローンのパフォーマンスは低下します。リンク クローンから完全クローンを作成すると、その完全クローンは、リンク クローンまたはその親にあたるマシンへのアクセスを必要としない独立した仮想マシンになります。可能であれば、親仮想マシンのリンク クローンを作成してください。

重要:

リンク クローンを破棄せずにそのリンク クローンのスナップショットを削除することはできません。スナップショットを安全に削除できるのは、このスナップショットに依存するクローンも削除する場合のみです。