新規仮想マシン ウィザードを起動すると、標準構成とカスタム構成のどちらを選択するかを求めるプロンプトが表示されます。

標準構成

標準構成を選択した場合、仮想マシンのいくつかの基本設定を指定するか、デフォルト設定を使用する必要があります。

  • ゲスト OS のインストール方法。

  • 仮想マシンの名前と仮想マシン ファイルの場所。

  • 仮想ディスクのサイズと仮想ディスクを複数の仮想ディスク ファイルに分割するかどうか。

  • メモリ割り当て、仮想プロセッサの数、ネットワーク接続タイプなどの特定のハードウェア設定をカスタマイズするかどうか。

カスタム構成

ハードウェア カスタマイズで次のいずれかを実行する必要がある場合、カスタム構成を選択する必要があります。

  • デフォルトのハードウェア互換性設定とは異なる Workstation Pro バージョンの仮想マシンを作成する場合。

  • SCSI コントローラの I/O コントローラ タイプを選択する場合。

  • 仮想ディスク デバイス タイプを選択する場合。

  • 仮想ディスクを新規作成するのではなく、物理ディスクまたは既存の仮想ディスクを構成する場合。

  • 仮想ディスク領域を最大ディスク領域まで徐々に大きくするのではなく、すべての仮想ディスク領域を割り当てる場合。