Workstation Pro は、Windows ホスト上でゲスト OS の ACPI S1 スリープの試験的サポートを提供しています。すべてのゲスト OS がこの機能をサポートしているわけではなく、スタンバイ モードを開始するための一般的なゲスト OS のインターフェイスがサポートされています。

デフォルトでは、ACPI S1 スリープは Workstation Pro 内でサスペンドとして実装されます。Workstation Proレジューム ボタンを使用して、ゲスト OS を再開できます。

ACPI S1 スリープをパワーオン サスペンドとして実装できます。ゲスト OS は完全にパワーダウンされません。この機能は、テストおよび開発シナリオにおいて有用です。キーボード入力、マウス入力、または CMOS 外部タイマーのプログラミングにより、仮想マシンを再開できます。