VNC クライアントが仮想マシンにリモートでアクセスできるように仮想マシンを構成できます。特別な VNC ソフトウェアを仮想マシンにインストールする必要はありません。

選択した仮想マシンの Virtual Network Computing (VNC) クライアント アクセスを構成するには、[VM] > [設定] を選択し、[オプション] タブをクリックし、[VNC 接続] を選択します。

注: : VNC クライアント アクセスは、共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンには構成できません。
表 1. リモート ディスプレイ オプション
オプション 説明
[VNC を有効にする] VNC クライアントは仮想マシンにアクセスできます。
[ポート] 仮想マシンが使用する一意のポート番号を選択します。同一ホスト上の複数の仮想マシンを接続するには一意のポート番号が必要です。5901 ~ 6001 のポート番号を使用します。デフォルト ポートは 5900 です。
重要: : 指定したポート番号が利用可能であることを確認してください。VMware Management Interface(管理インターフェイス)はポート 8333 とポート 8222 を使用します。VMware Workstation Server サービスはデフォルトではポート 443 を使用します。また Linux では、root ユーザーのみが 1024 までのポートを受信できます。
[パスワード] VNC クライアントから仮想マシンに接続するためのパスワードです。最大 8 文字の長さで指定できます。パスワードは、VNC クライアントから送信されるときに暗号化されません。したがって、他の認証システムで使用するパスワードを使用しないでください。
[VNC 接続を表示] 仮想マシンに接続されている VNC クライアントのリストを表示するには、このボタンをクリックします。