Windows ホストでは、自動再生機能によって、ホスト システムの CD-ROM または DVD ドライブに CD や DVD を挿入したときに自動的にそのディスクが実行されます。

Windows ホスト システムで自動再生機能を有効または無効にするには、編集 > 環境設定 > デバイス を選択します。この設定を変更するには、Administrators グループのメンバーとしてログインする必要があります。

自動再生プログラムを実行する一部のオペレーティング システムでは、ディスクが挿入されているかを確認するために、CD-ROM ドライブに対するポーリングが 1 秒に 1 回程度の間隔で行われます。このポーリングにより、Workstation Pro がホストの CD-ROM または DVD ドライブに接続され、ドライブが回転を開始する可能性があります。その間は、仮想マシンが動作を一時的に停止しているように見えます。このような動作を防止するため、Workstation Pro のデフォルトでは自動再生機能が無効になっています。

注:

自動再生機能が無効になっている場合、Windows エクスプローラーを使用してホスト システムのディスクを開くことができます。