新規仮想マシン ウィザードでカスタム構成を選択すると、メモリ割り当てのデフォルト設定を指定するよう求めるプロンプトが表示されます。

色分けされたアイコンは、最大推奨メモリ、推奨メモリ、およびゲスト OS 推奨最小メモリの値を示します。仮想マシンに割り当てるメモリを調整するには、スライダを値の範囲内で動かします。設定範囲の上限は、実行するすべての仮想マシンに割り当てられているメモリの量によって決まります。仮想マシンのメモリのスワップを有効にする場合は、指定されたスワッピングの量を反映した値になります。

64 ビット ホストの場合、各仮想マシンの最大メモリ容量は 64 GB です。32 ビット ホストの場合、各仮想マシンの最大メモリ容量は 8 GB です。32 ビット ホストでは、8 GB を超えるメモリを使用するように構成された仮想マシンはパワーオンできません。32 ビット オペレーティング システムのメモリ管理の制限を超えると、仮想マシン メモリのオーバーコミットを引き起こし、システムのパフォーマンスに重大な影響を与えます。

単一のホスト マシンで動作するすべての仮想マシンに割り当てられる合計メモリ量を制約するのは、ホスト マシンの RAM サイズだけです。

Workstation Pro のメモリ設定を変更することにより、すべての仮想マシンが利用できるメモリの総計を変更できます。