仮想マシンのクローンを作成するには、仮想マシンのクローン作成 ウィザードを使用します。親仮想マシン ファイルの検索をしたり、手動でコピーを作成する必要はありません。

始める前に

  • さまざまな種類のクローンについて理解しておく必要があります。完全クローンの使用およびリンク クローンの使用を参照してください。

  • ゲスト OS の最適化ユーティリティを使用し、親仮想マシンのドライブを最適化してください。

  • 親仮想マシンが Workstation 4.x 仮想マシンおよび Workstation 4.x 互換の仮想マシンの場合は、Workstation 5.x 以降にアップグレードします。

  • リンク クローンを作成する場合は、親仮想マシンに対してテンプレート モードを有効にします。リンク クローンの親仮想マシン用にテンプレート モードを有効化を参照してください。

  • 親仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. 親仮想マシンを選択して、VM > 管理 > クローン を選択します。
  2. クローンの作成元となる親の状態を選択します。

    クローンは、親仮想マシンの現在の状態、または既存のスナップショットから作成できます。親仮想マシンの現在の状態を選択する場合、Workstation Pro はクローンを作成する前に親仮想マシンのスナップショットを作成します。

    注:

    親仮想マシンに対してテンプレート モードが有効化されていると、現在の状態からクローンを作成できません。

  3. リンク クローンと完全クローンのどちらを作成するかを指定します。
  4. クローンで作成する仮想マシンの仮想マシン名と場所を入力します。
  5. 完了 をクリックしてクローンを作成し、閉じる でウィザードを終了します。

    複製される仮想ディスクのサイズによって異なりますが、完全クローンの作成には数分を要します。

  6. 親仮想マシンが固定 IP アドレスを使用している場合、IP アドレスの競合を避けるため、クローンがネットワークに接続する前にクローンの固定 IP アドレスを変更します。

    クローン用の新しい MAC アドレスと UUID はウィザードで自動的に作成されますが、仮想マシン名や固定 IP アドレスなど、その他の構成情報は親仮想マシンと同じです。

タスクの結果

リンク クローンの概要ビューには、親仮想マシンの仮想マシン構成ファイル(.vmx)へのパスが表示されます。