アプリケーション開発者は、仮想マシンで実行するアプリケーションの記述やデバッグ時に、API、SDK、および IDE を使用できます。

VIX API

VIX API を使用して、仮想マシンの操作を自動化するプログラムを記述できます。この API は、スクリプトの記述やアプリケーションのプログラミングの両方に利用できる使いやすく有用な API です。API の機能を使用して、仮想マシンのパワーオンおよびパワーオフ、登録、ゲスト OS でファイルを操作するプログラムの実行ができます。Perl、COM、およびシェル スクリプト(vmrun など)用の言語バインドも利用できます。

VMCI ソケット インターフェイス

VMCI ソケットは、仮想マシン通信インターフェイスのネットワーク ソケット API です。ホストとゲスト OS 間の通信を高速化する手段を提供します。この API は、クライアント サーバ アプリケーションに最適です。『VMCI Sockets プログラミング ガイド』を参照してください。

Eclipse 用統合仮想デバッガ

統合開発環境 (IDE) プラグインにより、仮想マシンと Eclipse の間で構成可能なインタフェースが提供されます。このインタフェースを使用して、仮想マシンでプログラムをテスト、実行、およびデバッグできます。『Integrated Virtual Debugger for Eclipse Developer’s Guide』を参照してください。