仮想マシン ハードウェア設定を変更して、既存の仮想マシンに物理ディスクを追加できます。

物理ディスクを新規仮想マシンに追加するには、新規仮想マシン ウィザードを実行し、[カスタム] オプションを選択します。ローカル ホストの仮想マシンの新規作成を参照してください。

注:

共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンには、物理ディスクを追加できません。

前提条件

手順

  1. 仮想マシンを選択して、[VM] > [設定] を選択します。
  2. [ハードウェア] タブで [追加] をクリックします。
  3. [ハード ディスク] を選択します。
  4. [物理ディスクを使用] を選択します。
  5. 警告メッセージが表示された場合は、[OK] をクリックします。
  6. ドロップダウン メニューから使用する物理ハード ディスクを選択します。
  7. ディスク全体を使用するか、個別のパーティションを使用するかを選択します。
  8. 個別のパーティションを選択した場合は、パーティションを選択します。

    仮想マシンからは、選択したパーティションのみにアクセスできます。ゲスト OS によって他のパーティションが検出されたとしても、それらのパーティションをマウント、アクセス、またはフォーマットすることはできません。

  9. 仮想ディスク ファイル(.vmdk)のファイル名と場所はデフォルトを使用するか、他の場所を指定します。
  10. [完了] をクリックして仮想マシンに物理ディスクを追加します。
  11. ゲスト OS 用にフォーマットされていないパーティションが物理ディスク上にある場合は、ゲスト OS のツールを使用してフォーマットします。