暗号化された仮想マシンのパスワードを変更できます。パスワードを変更しても仮想マシンは再暗号化されません。

この機能を使用してパスワードを変更するときは、仮想マシンの復号化に使用されるマスター キーは変更されず、仮想マシンが再暗号化されることはありません。セキュリティ上の理由から、この手順を使用してパスワードを変更するのではなく、暗号を削除してから仮想マシンを別のパスワードで再度暗号化することもできます。

前提条件

仮想マシンをパワーオフします。

手順

  1. 仮想マシンを選択して、[VM] > [設定] を選択します。
  2. [オプション] タブで [暗号化] を選択します。
  3. [パスワードの変更] を選択します。
  4. 現在のパスワードと新しいパスワードを入力します。
    重要:

    必ずパスワードを記録してください。パスワードを忘れた場合、Workstation Pro にはパスワードを取得する方法は用意されていません。