仮想マシンのブリッジ ネットワーク、NAT、ホストオンリー ネットワークを構成できます。仮想ネットワーク コンポーネントを使用して、高度なカスタム仮想ネットワークを作成することもできます。

ブリッジ ネットワークを使用

ブリッジ ネットワークでは、ホスト システムのネットワーク アダプタを使用して仮想マシンをネットワークに接続します。ホスト システムがネットワークに接続されている場合、一般的にブリッジ ネットワークは仮想マシンをネットワークにアクセスさせる最も簡単な方法です。

Windows または Linux ホスト システムに Workstation Pro をインストールすると、ブリッジ ネットワーク(VMnet0)が設定されます。ブリッジ ネットワークの構成を参照してください。

NAT ネットワーク

NAT を使用する場合、仮想マシンは外部ネットワークに独自の IP アドレスを持ちません。代わりに、独立したプライベート ネットワークがホスト システムで設定されます。デフォルトの構成では、仮想マシンはこのプライベート ネットワーク上のアドレスを仮想 DHCP サーバから取得します。仮想マシンとホスト システムが 1 つのネットワーク ID を共有します。このネットワーク ID は、外部ネットワークからは見えません。

Windows または Linux ホスト システムに Workstation Pro をインストールすると、NAT ネットワーク(VMnet8)が設定されます。新規仮想マシン ウィザードで、仮想マシンを新規作成して標準構成タイプを選択すると、デフォルトの NAT ネットワークを使用するように仮想マシンが構成されます。

設定できる NAT ネットワークは 1 つだけです。ネットワーク アドレス変換の構成を参照してください。

ホストオンリー(Host-Only)ネットワーク

ホストオンリー ネットワークは、ホスト コンピュータ内部で完結するネットワークを作成します。ホストオンリー ネットワークは、ホスト OS に表示される仮想ネットワーク アダプタを使用して、仮想マシンとホスト システムとの通信を実現します。

Windows または Linux ホスト システムに Workstation Pro をインストールすると、ホストオンリー ネットワーク(VMnet1)が構築されます。ホストオンリー ネットワークの構成を参照してください。

カスタム ネットワーク構成

Workstation Pro の仮想ネットワーク コンポーネントを使用すると、高度な仮想ネットワークを構築できます。仮想ネットワークは、1 つ以上の外部ネットワークに接続したり、ホスト システム上で全体を実行したりすることもできます。仮想ネットワーク エディタを使用してホスト システム上の複数のネットワーク カードを構成し、複数の仮想ネットワークを作成できます。カスタム ネットワーク構成のサンプルを参照してください。