Windows XP 以降のゲスト OS の仮想マシンでは、ユニティ モードに切り替えて、ホスト システムのデスクトップ上にアプリケーションを直接表示できます。ユニティ モードで開いているアプリケーションは、他の開いているホスト システムのアプリケーションと同様にタスクバーに表示されます。

選択した仮想マシンのユニティ モード設定を構成するには、[仮想マシン] > [設定] を選択して [オプション] タブをクリックし、[ユニティ] を選択します。

注:

共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンにはユニティ モード設定を構成できません。

表 1. ユニティ モードのオプション

設定

説明

[境界線を表示する]

アプリケーションがホスト コンピュータではなく仮想マシンに属するアプリケーションとして表示されるように、ウィンドウの境界線を設定します。

[バッジを表示する]

タイトル バーにロゴを表示します。

[ウィンドウの境界線にカスタム色を使用する]

各仮想マシンに属するアプリケーション ウィンドウを区別するため、ウィンドウの境界線にカスタム色を使用します。たとえば、ある仮想マシンには青い枠を設定し、別の仮想マシンには黄色の枠を設定することができます。Windows ホストでカラーの選択メニューを使用するには、[色を選択] をクリックします。

[アプリケーション メニューを有効にする]

仮想マシンの [スタート] メニューまたは [アプリケーション] メニューがホスト システムのデスクトップに表示されます。

ホスト マシンのデスクトップから仮想マシンの [スタート] メニューまたは [アプリケーション] メニューにアクセスできる場合、ユニティ モードで開かれていない仮想マシンのアプリケーションを起動できます。この設定を有効にしない場合、ユニティ モードを終了しないとコンソール ビューで仮想マシンの [スタート] または [アプリケーション] メニューを表示できません。