複数のホストオンリー仮想ネットワークを設定するには、仮想ネットワーク エディタを使用します。

Windows ホストおよび Linux ホスト システムの場合、最初のホストオンリー ネットワークは Workstation Pro をインストールする際に自動的にセットアップされます。次のような状況では、複数のホストオンリー ネットワークを同一のコンピュータにセットアップします。

  • 2 台の仮想マシンを1つのホストオンリー ネットワークに接続し、もう 1 つの仮想マシンを別のホスト オンリー ネットワークに接続することで、各ネットワークのネットワーク トラフィックを分離させる。

  • 2 つの仮想ネットワーク間でルーティングのテストを行う。

  • 複数のネットワーク インターフェイス カードが設定された仮想マシンを(実際のイーサネット アダプタは一切使用せずに)テストする。

前提条件

ホストオンリー ネットワークについて理解しておく必要があります。詳細については、ホストオンリー ネットワークの構成を参照してください。

手順

  1. [編集] > [仮想ネットワーク エディタ] を選択します。
  2. [ネットワークの追加] をクリックします。
  3. 仮想スイッチを選択します。

    Windows ホストおよび Linux ホストでは、VMnet1 仮想スイッチはデフォルトでホストオンリー ネットワークにマップされます。

    Workstation Pro により仮想ネットワークにサブネット IP アドレスが割り当てられます。

  4. 新しい仮想ネットワークをリストから選択し、[ホストオンリー(VM を内部でプライベート ネットワークに接続)] を選択します。
  5. (オプション) ホスト システム上の物理ネットワークをネットワークに接続するには、[ホスト仮想アダプタをこのネットワークに接続する] を選択します。
  6. (オプション) ローカル DHCP サービスを使用して IP アドレスをネットワーク上の仮想マシンに配布するには、[ローカル DHCP サービスを使用して IP アドレスを VM に配布する] を選択します。
  7. (オプション) (Windows ホストのみ)ネットワークがローカル DHCP サービスを使用している場合、DHCP 設定をカスタマイズするには [DHCP の設定] をクリックします。
  8. (オプション) サブネット IP アドレスまたはサブネット マスクを変更するには、[サブネット IP] および [サブネット マスク] テキスト ボックスのアドレスを変更します。
  9. [OK] をクリックして、変更内容を保存します。