パワー オプションにより、仮想マシンをパワーオフした後、閉じた後、またはサスペンドした後の仮想マシンの動作を制御します。

選択した仮想マシンのパワー オプションを構成するには、[仮想マシン] > [設定] を選択し、[オプション] タブをクリックし、[パワー] を選択します。

注:

パワー オプションは共有仮想マシンまたはリモート仮想マシンには構成できません。

表 1. パワー オプション

オプション

説明

[パワーオン後にフル スクリーン モードで起動]

仮想マシンのウィンドウは、パワーオン後にフル スクリーン モードを開始します。

[パワーオフまたはサスペンド後に閉じる]

仮想マシン タブは、パワーオフまたはサスペンド後に閉じます。

[バッテリ情報をゲストに報告]

バッテリ情報がゲスト OS に報告されます。ノート型コンピュータ上でフル スクリーン モードで仮想マシンを実行する場合は、このオプションを使用することでバッテリ不足を確認できます。このオプションは、Workstation 6.x 以降の仮想マシンのみで使用できます。