ゲストの隔離オプションを使用すると、仮想マシンとホスト システム間、および仮想マシンと他の仮想マシン間のファイル操作を制限できます。

選択した仮想マシンのゲストの隔離オプションを構成するには、VM > 設定 を選択し、オプション タブをクリックし、ゲストの隔離 を選択します。

次の制限が適用されます。

  • ゲストの隔離機能を使用するには、ゲスト OS に VMware Tools がインストールされている必要があります。

  • これらのオプションは、共有仮想マシンやリモート仮想マシンに対して構成できません。

注:

ドラッグ アンド ドロップとコピーと貼り付けの操作はデフォルトで有効になっています。仮想マシンとホスト システム間でファイルが誤って転送されることを防ぐには、これらの操作を無効にしてください。

表 1. ゲストの隔離オプション

オプション

説明

ドラッグ&ドロップを有効にする

このチェックボックスの選択を解除すると、これらの操作が制限されます。

  • ホスト システムから Linux、Windows、または Solaris ゲスト OS にファイルをドラッグ アンド ドロップする。

  • ゲスト OS からホスト システムにファイルをドラッグ アンド ドロップする。

  • ドラッグ アンド ドロップをサポートするアプリケーションにファイル マネージャからファイルをドラッグ アンド ドロップする。またはドラッグ アンド ドロップによる個別ファイルの抽出をサポートする Zip ファイル マネージャなどのアプリケーションからファイルをドラッグ アンド ドロップする。

コピー&ペーストを有効にする

このチェックボックスの選択を解除すると、これらの操作が制限されます。

  • ホスト システムから Linux、Windows、または Solaris 10 ゲスト OS にテキストおよびファイルをコピーして貼り付ける。

  • ゲスト OS からホスト システムにコピーして貼り付ける。

  • 仮想マシン間でテキストおよびファイルをコピーして張り付ける。

Windows 8 以降のゲスト OS システムを実行する仮想マシンについては、タブレット センサー データをタブレットに送信するようにゲスト OS システムを構成できます。仮想マシンのタブレット センサー入力オプションの構成を参照してください。