セキュリティのため、デフォルトでは、仮想マシンをパワーオンしたユーザー以外が作成した共有フォルダは無効になります。また、Workstation 5.x の仮想マシンでは、仮想マシンの作成者に関係なく、フォルダ共有がデフォルトで無効になります。

他のユーザーによって作成されたフォルダの共有を有効にするには、編集 > 環境設定 > Workstation を選択して、デフォルトですべての共有フォルダを有効にする を選択します。

この設定を有効にすると、フォルダを共有できる仮想マシンおよび共有できるフォルダを指定できる状態になります。

重要:

すべての共有フォルダを有効にすると、知らない間に共有フォルダによって仮想マシン内の既存のプログラムがホストのファイル システムにアクセスしてしまうことがあるため、セキュリティ上のリスクが生じる可能性があります。