ゲスト OS は、実際のコンピュータにオペレーティング システムをインストールする場合と同様の方法で、仮想マシンにインストールできます。新規仮想マシン ウィザードで仮想マシンを作成するときに簡易インストールを使用しない場合、手動でゲスト OS をインストールする必要があります。

始める前に

  • オペレーティング システムがサポートされていることを確認します。当社 Web サイトでオンラインの『VMware 互換性ガイド』を参照してください。

  • インストールするゲスト OS の情報については、『ゲスト OS インストール ガイド』を参照してください。

このタスクについて

ゲスト OS は、インストーラ ディスクまたは ISO イメージ ファイルからインストールできます。PXE サーバを使用して、ゲスト OS をネットワーク上でインストールすることもできます。仮想マシンをインストーラ ディスクから起動できないようにしているホスト構成の場合は、インストーラ ディスクから ISO イメージ ファイルを作成できます。

手順

  1. インストーラ ディスクからゲスト OS をインストールする場合、物理 CD-ROM または DVD ドライブを使用するように仮想マシンを構成し、そのドライブをパワーオン時に接続するように構成します。
    1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
    2. ハードウェア タブで CD/DVD ドライブを選択します。
    3. パワーオン時に接続 を選択します。
    4. (リモート仮想マシンのみ)CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブの場所を選択します。
    5. 物理ドライブを使用する を選択し、ドライブを選択します。
    6. OK をクリックして、変更内容を保存します。
  2. ISO イメージ ファイルからゲスト OS をインストールする場合、仮想マシンの CD/DVD ドライブが ISO イメージ ファイルを参照するように構成し、そのドライブをパワーオン時に接続するように構成します。
    1. 仮想マシンを選択して、VM > 設定 を選択します。
    2. ハードウェア タブで CD/DVD ドライブを選択します。
    3. パワーオン時に接続 を選択します。
    4. (リモート仮想マシンのみ)ISO イメージ ファイルの場所を選択します。
    5. ISO イメージ ファイルを使用 を選択して ISO イメージ ファイルの場所を参照します。
    6. OK をクリックして、変更内容を保存します。
  3. インストーラ ディスクからゲスト OS をインストールする場合、CD-ROM ドライブまたは DVD ドライブにディスクを挿入します。
  4. 仮想マシンをオンにします。
  5. 後はオペレーティング システム ベンダーのインストール指示に従ってください。
  6. オペレーティング システムが複数のインストーラ ディスクで構成されていて次のディスクの挿入を求められた場合、物理ドライブに次のディスクを挿入します。
  7. オペレーティング システムが複数の ISO イメージ ファイルで構成されている場合、次の CD のイメージ ファイルを選択します。
    1. VM > 取外し可能デバイス > CD/DVD > 切断 を選択して、現在の ISO イメージ ファイルを切断します。
    2. VM > 取外し可能デバイス > CD/DVD > 設定 を選択して、次の ISO イメージ ファイルを選択します。
    3. 接続済み を選択して OK をクリックします。
  8. オペレーティング システムの標準ツールを使用して、設定を構成します。

次のタスク

VMware Tools をインストールします。VMware Tools をインストールしてからオペレーティング システムのライセンスをアクティベートしてください。VMware Tools のインストール を参照してください。