check-circle-line exclamation-circle-line close-line

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5 リリース ノート

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5 | 2016 年 9 月 13 日 | ビルド 4352439

最終更新日:2016 年 9 月 13 日

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

VMware Workstation Pro について

VMware Workstation Pro では、技術者が複数の x86 ベースの Windows、Linux、および他のオペレーティング システムを同じ PC で同時に実行してソフトウェアを開発、テスト、デモ、および導入できます。

仮想マシンが個人用 PC またはプライベート エンタープライズ クラウドのいずれにあっても、仮想マシンでサーバ、デスクトップ、およびタブレット環境を複製し、複数のプロセッサ コア、数 GB のメイン メモリとグラフィック メモリを各仮想マシンに割り当てることができます。

製品の詳細については、VMware Workstation Pro ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については VMware Workstation 12 Pro ドキュメント センターを参照してください。

新機能

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5 はすべての VMware Workstation 12 Pro ユーザーに無料で提供されるアップグレードで、次のオペレーティング システムのサポートが追加されています。

  • Windows 10 Anniversary Update
  • Windows Server 2016
VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5 には、さらにバグ修正、セキュリティ アップデートおよびパフォーマンスの改善が含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation Pro の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。VMware Workstation 12 Pro の以前のリリースについては、該当する次のリリース ノートをご確認ください。

既知の問題

  • Windows ホスト OS から VMware Workstation をアンインストールしても、一部のドライバ ファイルが削除されない

    VMware Workstation をアンインストールした後、ドライバ関連の次のファイルが Windows ホスト OS に残ったままになります。
    場所:C:\Windows\System32\drivers
    hcmon.sys
    vmci.sys
    vmx86.sys
    vmkbd.sys(拡張キーボード ドライバがインストールされていた場合)
    場所:C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\vmci\device
    vmciver.dll

    回避策C:\Windows\System32\drivers に移動し、hcmon.sysvmci.sysvmx86.sys、および vmkbd.sys を削除します。C:\Program Files\Common Files\VMware\Drivers\vmci\device に移動し、vmciver.dll を削除します。

  • 同じホスト上の仮想マシンを同じ NAT ネットワークに接続すると、これらの仮想マシンは IPv6 のグローバル アドレスを使用して通信できない

    IPv6 を有効にした NAT ネットワークを使用している場合、同じホスト上にある仮想マシンをこの NAT ネットワークに接続すると、仮想マシンは、IPv6 のグローバル アドレスを使用して相互に通信できません。

    回避策:なし

  • 仮想マシンのインストールを完了した後、簡易インストールのプロンプトが表示されたままになることがある

    簡易インストール オプションを使用してゲスト OS をインストールすると、簡易インストールが完了した後で、仮想マシンのコンソールの下に「簡易インストールが *** をインストールしています。」というメッセージが表示されたままになることがあります。この場合、簡易インストールは正常に完了しています。簡易インストール中に VMTools がすでにインストールを完了したとみなすことができます。

    対処法: 仮想マシンを再起動します。

  • VMware Tools を Fedora 24 ホスト上に手動でインストールするときに、「ソフトウェア コンポーネントの更新中に問題が発生しました。」というエラー メッセージが表示される

    [仮想マシン] > [VMware Tools のインストール] メニューをクリックして Fedora 24 ホスト上のゲスト OS に VMware Tools をインストールすると、「ソフトウェア コンポーネントの更新中に問題が発生しました。」というエラー メッセージが表示される場合があります。これは、Fedora 24 には現在 VMware Workstation に組み込まれていない新しいライブラリ libncursesw.so.6.0 が同梱されているためです。

    回避策:ゲスト OS をシャットダウンし、VMware Workstation を終了して、端末から次のコマンドを実行して手動でライブラリをインストールします:

    sudo dnf install ncurses-compat-libs

    インストールの完了後、VMware Workstation を起動し、ゲスト OS をパワーオンすると、[仮想マシン] > [VMware Tools のインストール] メニューをクリックすることで VMware Tools を手動でインストールできます。

解決した問題

  • VMware Workstation Pro がカーネル 4.6 の Linux ホストで起動できない

    vmmon および vmnet ドライバは正しくビルドされていないため、カーネル 4.6 の Linux ホストは Workstation の起動に失敗します。

    この問題は解決されています。

  • サスペンドするとき仮想マシンがスナップショットに戻る

    仮想マシンをパワーオフした状態で [オプション] > [スナップショット] から [スナップショットに戻る] を構成すると、サスペンドするときに仮想マシンは実際にスナップショットに戻ります。 

    この問題は解決されています。

  • Windows Server 2016 Technical Preview ホストで [ヘルプ] リンクが表示されない

    最新の Windows Server 2016 Technical Preview では、この問題は存在しません。

    この問題は解決されています。

  • FreeBSD 10.3 ゲスト OS で VMware Tools をインストールできない

    FreeBSD システムにバンドルされている Perl の変更により、FreeBSD 10.3 ゲスト OS では VMware Tools をインストールすることができず、./vmware-install.pl スクリプトを実行するときに「vmware-install.real.pl: 見つかりません」というエラーが返されます。

    この問題は解決されています。

  • USB デバイスを仮想マシンから取り外すと、USB 自動接続の VMX エントリが削除される

    この問題は、VMX エントリを追加して、VID および PID を使用して USB デバイスを仮想マシンに自動接続した後に発生します。[仮想マシン] > [取外し可能デバイス] > [切断] を使用して USB デバイスを仮想マシンから取り外すと、このエントリは削除されます。

    この問題は解決されています。

  • Workstation がカーネル 2.6.32-642.el6.x86_64 の RHEL 6.8 ホストで起動できない

    vmnet ドライバのコンパイル エラーにより、カーネル 2.6.32-642.el6.x86_64 の RHEL 6.8 ホストでは Workstation は起動できません。

    この問題は解決されています。

  • Workstation をインストールした後、無線アダプタを接続できない 

    Windows 8 から、Microsoft は非ドメインとドメインの同時接続を防ぐセキュリティ ポリシー (GPO) を実装しています。この GPO が有効の状態で、Workstation をインストールすると、Windows は Workstation によって作成される仮想アダプタを物理接続とみなします。したがって、Windows は WiFi 接続よりも有線接続(仮想アダプタ)を優先するため、無線接続を確立することができません。 

    この問題は解決されています。

  • VMware Tools がインストールされた Windows Vista ゲストで Workstation のメニュー [表示 -> 今すぐゲストを合わせる] が機能しない

    最新の VMware Tools をインストールして Windows Vista ゲストをパワーオンすると、Workstation メニュー [表示 -> 今すぐゲストを合わせる] をクリックしたときにゲストの画面が変更されません。

    この問題は解決されています。

  • Fedora 23 ホストで Workstation を起動できない

    Fedora 23 を実行するホストに Workstation をインストールした後、Workstation は起動に失敗します。 

    この問題は解決されています。

  • Workstation のインストールをキャンセルすると、ターゲット フォルダのコンテンツがすべて削除されることがある

    カスタマイズされたフォルダ パスに Workstation をインストールする場合、インストールをキャンセルするとターゲット フォルダのコンテンツがすべて削除されます。

    この問題は解決されています。

  • ゲストで 3D アプリケーションを実行中に「VMware Workstation 回復不可能なエラー:(svga)」というエラーが発生する

    Windows ホストで NVDIA GPU を使用している場合、ゲストで 3D アプリケーションを実行中に、「VMware Workstation 回復不可能なエラー:(svga)」というエラーが発生する場合があります。

    この問題は解決されています。

  • VMware Workstation Pro が 64 ビット Braswell N3150 プロセッサ上で仮想マシンを起動できない

    VMware Workstation Pro が 64 ビット Braswell N3150 プロセッサ上で仮想マシンを起動できず、次のエラーが表示されます。

    MONITOR PANIC: vcpu-0:VERIFY vmcore/vmm/main/cpuid.c:376 bugNr=1036521.

    この問題は解決されています。

  • 一部のタイプのスマート カードが Linux ホストのゲストでアクセスできない

    Linux ホスト上で、[仮想マシン] > [取外し可能デバイス] を使用して Workstation 経由でスマート カードからゲストに接続しようとすると、ゲストはスマート カード リーダーを検出できますが、スマート カードにアクセスすることができません。  

    この問題は解決されています。

  • Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、バンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が適切に動作しないことがある

    Ubuntu 15.10 以降のゲスト OS で、open-vm-tools の代わりに、VMware Workstation Pro にバンドルされている VMware Tools バージョンを使用すると、VMware Tools が正常に動作しません。システムを再起動すると、Ubuntu クラッシュ レポートが表示され、VMware Tools のサービスの 1 つが動作を停止することがあります。

    この問題は解決されています。

  • ゲスト OS が使用するメモリ容量を制限できない

    BCDEdit の truncatememory オプションでゲスト OS が使用するメモリ容量を制限しようとした場合でも、ゲスト OS は仮想マシンに割り当てられたメモリ容量をすべて使用します。

    この問題は解決されています。

  • USB Ethernet アダプタが仮想マシンへの接続に失敗する

    実行中の仮想マシンに、特定の USB Ethernet アダプタを接続することはできません。  

    この問題は解決されています。