check-circle-line exclamation-circle-line close-line

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5.3 リリース ノート

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5.3 | 2017 年 3 月 9 日 | ビルド 5115892

最終更新日:2017 年 3 月 9 日

リリース ノートの追加と更新を確認してください。

リリース ノートの概要

このリリース ノートには、次のトピックが含まれています。

VMware Workstation Pro について

VMware Workstation Pro では、技術者が複数の x86 ベースの Windows、Linux、および他のオペレーティング システムを同じ PC で同時に実行してソフトウェアを開発、テスト、デモ、および導入できます。

仮想マシンが個人用 PC またはプライベート エンタープライズ クラウドのいずれにあっても、仮想マシンでサーバ、デスクトップ、およびタブレット環境を複製し、複数のプロセッサ コア、数 GB のメイン メモリとグラフィック メモリを各仮想マシンに割り当てることができます。

製品の詳細については、VMware Workstation Pro ドキュメントを参照してください。また、本バージョンの詳細については VMware Workstation 12 Pro ドキュメント センターを参照してください。

新機能

VMware Workstation 12 Pro バージョン 12.5.3 は、すべての VMware Workstation 12 Pro ユーザーに無償で提供されるアップグレードです。それには、バグ修正、セキュリティ更新およびパフォーマンスの向上が含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation Pro の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。VMware Workstation 12 Pro の以前のリリースについては、該当する次のリリース ノートをご確認ください。

既知の問題

  • VMware Tools インストーラが失敗し、FreeBSD 11.0 仮想マシンにエラー メッセージが表示される
    FreeBSD 11.0 仮想マシンでは、VMware Tools インストール プロセスの最後に、ゲスト メモリ マネージャおよびブロッキング ファイル システム サービスが起動に失敗したことをインストーラが示します。
    回避策
    :ありません。
    1. VMware Tools をインストールします。
    2. /usr/local/bin/vmware-config-tools.pl が呼び出されるのを回避するには、以下の質問に対して [いいえ] と答えます:このプログラムからコマンドを呼び出すようにしますか? 
    3. 次の構成スクリプトを実行します:/usr/local/bin/vmware-config-tools.pl --skip-stop-start
    4. 次のコマンドを実行します:echo "answer VMMEMCTL_CONFED no" >> /etc/vmware-tools/locations
    5. 次のコマンドを使用して VMware Tools を起動します:/usr/local/etc/rc.d/vmware-tools.sh star
  • インストールのグラフィカル ユーザー インターフェイスが Fedora 25 ホストで起動しない
    Fedora 25 ホストに Workstation Pro をインストールする場合、システムが次のエラー メッセージを表示してインストールのインターフェイスが起動に失敗することがあります:ユーザー インターフェイスの初期化に失敗しました。終了しています。詳細はログを確認してください。
    回避策
    :Fedora 25 ホスト上でターミナルを起動し、次のコマンドを実行します:sudo dnf install ncurses-compat-libs。これで、Workstation Pro をコンソール モードでインストールすることができます。

解決した問題

  • Workstation Pro は、カーネル 4.9.0 を使用する Linux プラットフォームでの起動に失敗する
    カーネル 4.9.0 を使用する Linux プラットフォーム上で Workstation Pro を起動しようとすると、仮想マシン モニタ (vmmon) および仮想ネットワーク デバイス (vmnet) モジュールがビルドに失敗し、ダイアログ ボックスに次のエラーが表示されます:サービスを起動できません。

    この問題は解決されています。
  • Workstation Pro ユーザー インターフェイスが Workstation 12 Pro バージョン 12.5 でクラッシュし、エラーを表示することがある
    Workstation Pro ユーザー インターフェイスがクラッシュして次のエラーが表示されます:VMware Workstation で回復不能なエラーが発生しました:(vmui) 例外 0xc000005(アクセス違反)が発生しました

    この問題は解決されています。
  • USB パススルー モードの仮想マシンで、USB 仕様に準拠しない USB デバイスを使用すると、ゲストが使用不能になる
    USB 仕様に準拠しない USB デバイス(Broadcom 5880 スマート カード リーダーなど)を Windows 7 または Windows 10 ゲスト OS にパススルーしようとすると、デバイスによってゲスト CPU 使用率が最大レベルまで増加し、ゲストが使用不能になります。

    この問題は解決されています。
  • パラレル ポートを仮想マシンに接続することができない
    パラレル ポートを物理パラレル ポートにマップしようとすると、仮想マシンでパラレル ポートを使用することができません。[仮想マシン] > [設定] の順に選択したときにリストされる接続パラレル ポートによって次のエラーが発生します:LPT1 の VMparport ドライバを開くことができません:指定したファイルが見つかりません。

    この問題は解決されています。
  • 仮想マシンに Active Braille デバイスを接続すると失敗する
    Workstation Pro ユーザーが [仮想マシン] > [取外し可能デバイス] の順に選択して仮想マシンに Active Braille デバイスを接続しようとすると失敗し、「ドライバ エラー」メッセージがメッセージ ログに表示されます。また、ゲスト OS にはデバイスの記録が表示されません。

    この問題は解決されています。
  • ユーザーがゲスト OS でアクティブ FTP を実行した後、vmnat.exe プロセスがホストの TCP ポートを使用し続ける
    ユーザーがゲスト上でアクティブ FTP を実行するときに、vmnat.exe プロセスはホスト上で新しい TCP ポートを消費します。FTP セッションが終了しても、プロセスは TCP ポートを解放しません。

    この問題は解決されています。
  • VMware Tools 10.0.10 を実行する Windows XP ゲスト OS で ThinPrint テクノロジーが動作しない
    ユーザーが VMware Tools 10.0.10 を実行する Windows XP ゲストを使用する場合、ThinPrint テクノロジーによってゲストにマップされたホスト プリンタがユーザーに表示されません。

    この問題は、VMware Tools 10.0.12 を新規インストールすることで解決されました。VMware Tools 10.0.10 から 10.0.12 へのアップグレードでは問題は解決しません。
  • VMware Tools サービスが、Ubuntu 16.10 ゲストで起動しない

    Ubuntu 16.10 ゲストで VMware Tools をインストールすると、VMware Tools サービスが起動しません。その結果、共有フォルダなどの VMware Tools サービスによって提供される機能が使用できません。

    この問題は解決されています。

  • Red Hat Enterprise Linux 7.3 仮想マシンで共有フォルダを使用することができない
    共有フォルダを有効にして Red Hat Enterprise Linux 7.3 仮想マシンに追加した後、追加されたすべての共有フォルダは仮想マシンの /mnt/hgfs ディレクトリで使用できなくなります。

    この問題は解決されています。