共有およびリモート仮想マシンで、起動や停止などの電源操作を管理できます。

使用可能な電源オプションは、Windows ホストと Linux ホストによって異なります。

表 1. 共有およびリモート仮想マシンでの Windows ホストの電源オプション

電源操作

説明

[自動起動]

[自動起動] を選択すると、ホストの起動時に仮想マシンが起動します。

[自動サスペンド]

[自動サスペンド] を選択すると、ホストのシャットダウン時に仮想マシンがサスペンドします。

表 2. 共有およびリモート仮想マシンでの Linux ホストの電源オプション

電源操作

説明

[自動起動]

[自動起動] を選択すると、ホストの起動時に仮想マシンが起動します。

[サスペンド]

[サスペンド] を選択すると、ホストのシャットダウン時に仮想マシンがサスペンドします。

[ゲストのシャットダウン]

[ゲストのシャット ダウン] を選択すると、ホストのシャットダウン時に仮想マシンがシャットダウンします。

[パワーオフ]

[パワーオフ] を選択すると、ホストのシャットダウン時に仮想マシンをパワーオフします。

[なし]

[なし] を選択すると、ホストの停止アクションは仮想マシンに影響を及ぼしません。

リモート サーバで vCenter Server が実行されている場合は、電源操作を設定できません。電源操作を使用して、仮想マシンを起動または停止する順序は指定できません。起動順序などのより高度な機能は VMware vSphere Client を使用して構成できます。vSphere 仮想マシンの管理ドキュメントを参照してください。

前提条件

  • リモート仮想マシンの電源操作を設定する場合、リモート サーバに接続します。リモート サーバへの接続を参照してください。

  • 管理者のロールまたは [Host.Configuration.Virtual machine autostart configuration] 権限を含むカスタム ロールが割り当てられていることを確認します。

手順

  1. 仮想マシンの場所を選択します。

    オプション

    説明

    仮想マシンがローカル ホストにある場合

    1. ライブラリで、[共有 VM] を選択します。

    2. [共有仮想マシン] タブで、[仮想マシンの電源操作の管理] をクリックします。

    仮想マシンがリモート ホストにある場合

    1. ライブラリで、リモート ホストを選択します。

    2. リモート ホストのタブで、[仮想マシンの電源操作の管理] をクリックします。

  2. ホスト システムと同時に起動または停止する仮想マシンを選択します。
  3. 複数の仮想マシンを選択した場合、仮想マシンの起動または停止の遅延時間を秒数で選択します。
  4. 変更内容を保存するには、[保存] をクリックします。