VMware Workstation 15.5.5 Pro | 2020 年 5 月 28 日 | ビルド 16285975

リリース ノートの概要

VMware Workstation Pro について

VMware Workstation Pro™ では、技術者が複数の x86 ベースの Windows、Linux、および他のオペレーティング システムを同じ PC で同時に実行してソフトウェアを開発、テスト、デモ、および導入できます。

仮想マシンが個人用 PC またはプライベート エンタープライズ クラウドのどちらにあっても、仮想マシンでサーバ、デスクトップ、およびタブレット環境を複製し、複数のプロセッサ コア、数 GB のメイン メモリとグラフィック メモリを各仮想マシンに割り当てることができます。

詳細については、VMware Workstation Pro のドキュメントを参照してください。

新機能

このリリースの VMware Workstation Pro は、すべての VMware Workstation 15 Pro ユーザーに無償で提供されるアップグレードです。次の更新が含まれています。

  • Windows 10 ホスト VBS のサポート:  VMware Workstation 15.5.5 は、Hyper-V 機能(仮想化ベースのセキュリティなど)が有効になっている Windows ホストで実行するようになりました。 

    以下に、Hyper-V を有効にしたホストで VMware Workstation を実行するための最小要件を示します。

    CPU 要件

    • Intel Sandy Bridge 以降の CPU
    • AMD Bulldozer 以降の CPU

    サポートされるホスト OS:

    • Windows 10 20H1 ビルド 19041.264 以降
  • 新しいゲスト OS のサポート:
    • Windows 10 20H1
    • Ubuntu 20.04
    • Fedora 32
  • 新しいホスト OS のサポート:
    • Windows 10 20H1
    • Ubuntu 20.04

VMware Workstation 15.5.5 Pro には、パフォーマンスの向上、バグ修正、およびセキュリティ アップデートも含まれています。

以前のリリース

以前にリリースされた VMware Workstation 15 Pro の機能と既知の問題は、各リリース ノートに記載されています。以前のリリースのリリース ノートを表示するには、次の該当するリンクをクリックします。

解決した問題

  • 仮想マシンをシャットダウンすると、共有 USB Yubikey ドライバが異常終了し、ダンプ ファイルが生成される

    仮想マシンをシャットダウンすると、共有 USB Yubikey ドライバで ABEND(タスクの異常終了)が発生し、ログとダンプ ファイルが生成されます。この問題は、再起動または強制シャットダウンでは発生しません。

    この問題は解決されました。

  • USB デバイスを仮想マシンに接続しようとすると、メッセージなしで Windows オペレーティング システムが動作を停止する

    一部の USB デバイスを仮想マシンに接続すると、Windows オペレーティング システムがメッセージなしで動作を停止し、フリーズします。

    この問題は解決されました。

  • 仮想ネットワーク名がマルチバイト文字をサポートしない

    仮想ネットワーク エディタで、仮想ネットワーク名にマルチバイト文字を使用すると、Workstation および仮想ネットワーク エディタのユーザー インターフェイスがクラッシュし、起動できなくなります。

    この問題は解決されました。

既知の問題

  • VMware Workstation 15.5.5 のインストールが、SHA-2 コード署名をサポートしていない Windows ホストで失敗する

    Windows ホストへの Workstation のインストールがエラーで失敗し、変更がロールバックされます。 
    Microsoft では、SHA-2 アルゴリズムを使用するように Windows ドライバの署名を変更しています。2019 年 9 月以降、SHA-2 コード署名をサポートしないレガシーの Windows システムでは、ドライバの署名の検証に失敗します。 

    対処法はありません。詳細については、https://kb.vmware.com/s/article/78655 を参照してください。

  • ブリッジ タイプのネットワーク接続がある仮想マシンが、そのネットワークをホストの物理ネットワーク アダプタにバインドしない

    デフォルトでは、Workstation のブリッジ ネットワークは、バインドするホストのネットワーク アダプターを自動的に選択します。ホスト システムに仮想ネットワーク アダプタ(例:Microsoft ループバック アダプタ、Hyper-V 仮想イーサネット アダプタなど)がある場合、ブリッジ ネットワークが物理ネットワーク アダプタではなくこれらの仮想ネットワーク アダプタにバインドすることがあります。

    次の手順を実行して、自動バインドを無効にし、物理ネットワーク アダプタをブリッジ ネットワークに割り当てます。

    1. [Workstation UI] > [編集] > [仮想ネットワーク エディタ] に移動して、[仮想ネットワーク エディタ] を開きます。
    2. [設定の変更] をクリックし [VMnet0] を選択します。
    3. [ブリッジ先] ドロップダウン リストで [自動] の代わりに物理ネットワーク アダプタの名前を選択します。
    4. [OK] をクリックして保存します。
  • ゲスト VBS 機能が、ホスト VBS モードでサポートされない

    ホスト VBS モード環境では、Win10 仮想マシンで [仮想マシンの設定] > [オプション] > [詳細] > [有効な VBS サポート] に移動して [ゲスト VBS 機能] を有効にすると、仮想マシンのパワーオンに失敗し、「VMware Workstation は、このホストでネストされた仮想化をサポートしていません」というエラーが表示されます。

    対処法はありません。

check-circle-line exclamation-circle-line close-line
Scroll to top icon