VMware vRealize® Automation Cloud™ のコンポーネント サービスのドキュメントへようこそ。

クラウド サービスの内容

これらのリンクまたは左にあるナビゲーションのリンクを使用して、さまざまなサービスの詳細を確認してください。

  • VMware Cloud Assembly

    ワークロード仕様を VMware Cloud Templates として構築します。ブループリントをビジネス グループで使用可能にする方法と、クラウド ベンダーのリソースにデプロイする方法について説明します。インフラストラクチャとクラウド テンプレートのビルドを開始します

  • VMware Service Broker

    VMware Service Broker ™ ユーザーにテンプレートとアクションのカタログを提供します。ガバナンスを適用し、展開されたワークロードを管理する方法について説明します。ユーザー カタログの作成を開始します

  • VMware Code Stream

    VMware Code Stream™ によって、パイプライン、エンドポイント、およびダッシュボードを使用して、DevOps のライフサイクルをサポートします。継続的インテグレーションおよび継続的デリバリ (CICD) ビルドを計画して、パイプラインを作成する方法について説明します。DevOps 統合と配信のモデリングを開始します

開始方法

各サービスのドキュメントには、『スタート ガイド』が含まれています。そのワークフローを使用すれば、初めて使用する場合でも結果が得られます。操作の過程で入力する値についてわからない場合は、該当するユーザー入力テキスト ボックスに関する Signpost のヘルプを参照してください。機能の詳細については、サポート パネルのヘルプ アイコン (?) をクリックして、コンテキスト ヘルプを開いてください。コンテキスト ヘルプには詳細な情報と、このドキュメントへのリンクが掲載されています。

vRealize Automation Cloud のドキュメントを使用する際には、VMware が多様性を尊重していることをご理解ください。この原則をお客様、パートナー、社内コミュニティ内に浸透させるために、当社では当社ドキュメント内の人種差別と見なされる可能性のある言語を削除しました。

ヘルプを示す 2 つのスクリーンショット。ヘルプには、Signpost のヘルプとサポート パネルのヘルプが含まれています。

これらのサービスにサインアップする場所

  • すぐに開始するには、VMware Cloud に登録してください。
  • ガイド付きトレーニング環境でサービスを使用するには、vRealize Automation Cloud のハンズオン ラボに登録します。

vRealize Automation Cloud API に関する詳細を学ぶ方法

vRealize Automation Cloud API を使用できるようにするため、VMware では 2 つのタイプのドキュメントを用意しています。これらのドキュメントはいずれも、REST API を使用して vRealize Automation Cloud をプログラムで構成および管理する必要がある管理者とプログラマを対象にしています。

vRealize Automation Cloud API リファレンス すべての REST API サービス呼び出し用の OpenAPI ファイルが含まれています。

1 つのトップページから OpenAPI ファイルにアクセスするには、vRealize Automation Cloud コンソールにログインし、https://$vRA/automation-ui/api-docs に移動します。ここで $vRAvRealize Automation Cloud インスタンスを示しています。

vRealize Automation Cloud API プログラミングガイド

サンプルの要求と応答を含む一般的な使用事例を紹介します。