Quick cloud automation setup for VMware Cloud on AWS のアクティベーション プロセスでは、vRealize Automation Cloud にカタログ アイテムとクラウド テンプレートなどのスタータ オブジェクトのセットが作成されます。また、プロジェクト、VMware Cloud on AWS クラウド アカウント、クラウド ゾーン、フレーバー/サイズ マッピング、展開用ネットワーク、ネットワーク プロファイル、ストレージ プロファイルなどのインフラストラクチャ オブジェクトも作成されます。

たとえば、ストレージ プロファイルには、評価版アクティベーション プロセスの一環として SDDC で作成された Workload Datastore データストア/クラスタが含まれています。ネットワーク プロファイルには、同様に評価版アクティベーション プロセスの一環として作成された展開用の単一ネットワークが含まれています。展開のサイズ設定を簡素化するために、小、中、大、特大のフレーバー マッピングが作成されます。

評価版アクティベーション プロセスの一環として作成された vRealize Automation Cloud オブジェクトでは、名前は <SDDC_name>-<一意のタスク ID GUID> のパターンに従っています。これらのオブジェクト名は vRealize Automation Cloud で手動で変更できます。

評価版を直前に有効にした場合は、手順 4 に進んでください。評価版を有効にした後、すぐに SDDC で vRealize Automation Cloud アドオン カードの [vRealize Automation Cloud を開く] をクリックしなかった場合は、手順 1 から開始してください。

vRealize Automation Cloud のサポートの内容については、Quick cloud automation setup for VMware Cloud on AWS の詳細についてを参照してください。

この例では、vRealize Automation Cloud 評価版アクティベーション プロセスの一環として作成されるさまざまなオブジェクトを示します。また、オブジェクトの内容、機能、および取得方法について説明します。この例では、一意のアクティベーションによって作成されたオブジェクトは示しません。主な理由は、ソース SDDC が、これらのオブジェクトを生成するために使用された SDDC と同一ではありませんが、似ているためです。この例は、vRealize Automation Cloud の習熟度を作業レベルに引き上げるためのツールとして使用できます。

前提条件

評価版のアクティベーション プロセスを完了している。Quick cloud automation setup for VMware Cloud on AWS のアクティベーションを参照してください。

手順

  1. VMware Cloud on AWS コンソールにログインし、すべての SDDC が一覧表示されているページを開き、vRealize Automation Cloud 評価版のソースとして使用された SDDC を選択します。
  2. 選択した SDDC ページで、[アドオン] タブをクリックします。

    開いている SDDC 上に選択したアドオン タブが表示されています。

  3. SDDC の vRealize Automation Cloud アドオン カードで、[vRealize Automation Cloud を開く] をクリックします。

    SDDC アドオン ページ上に vRA アドオンがあり、vRA アドオン上に [vRealize Automation Cloud を開く] ボタンがあります。

  4. Service Broker で、自動生成されたカタログ アイテムを選択します。

    vRA Service Broker サービスに展開例(カタログ アイテム)が表示されています。

    Service Broker が自動的に表示されない場合は、サービス セレクタ(以下に表示)を選択し、[VMware Service Broker] を選択して Service Broker を開き、スタータ カタログ アイテムを表示します。

    ユーザーが開くサービスを選択できる、vRA のヘルプ パネルが表示されています。

  5. カタログ アイテムの [申請] をクリックし、test などの展開名を入力します。

    [仮想マシンのサイズ] をクリックして、展開に使用できるフレーバーのサイズ設定を表示します。

    評価版のアクティベーションによって作成されたスタータ カタログ アイテムが表示されています。

    [仮想マシン テンプレート] をクリックして、ソース SDDC からデータとして収集されたすべてのテンプレートを表示します。この例では、ソース SDDC にテンプレートが 1 つのみ含まれているため、リストにはテンプレートが 1 つのみ表示されます。

    評価版のアクティベーションによって作成されたスタータ カタログ アイテムに仮想マシン テンプレートが表示されています。

  6. カタログ アイテムで [送信] をクリックして展開を開始し、[展開] ページを開きます。
    最初のカタログが展開されている [展開] ページが表示されています。
  7. カタログ アイテムを展開している間、[コンテンツとポリシー] をクリックし、ソース SDDC に基づいて作成されたスタータ コンテンツ ソースを開きます。
    評価版のアクティベーションによって作成されたスタータ コンテンツ ソースが表示されています。
  8. 評価版アクティベーション プロセスによって生成されたスタータ プロジェクトをメモして、[検証] をクリックします。カタログ アイテムからクラウド テンプレートを生成する前に、[キャンセル] をクリックして、カタログ アイテム コンテンツについていくつかの点を調べてから、クラウド テンプレートを展開します。

    コンテンツ ソースの詳細ページが表示されています。

  9. [ポリシー] > [定義] をクリックし、生成されたリース ポリシーを調べて、[キャンセル] をクリックします。

    スタータ カタログ アイテムのリース ポリシー定義が表示されています。

  10. Cloud Assembly サービスに移動して、アクティベーション プロセスで作成されたクラウド テンプレートを調べます。

    ヘルプ パネルのサービス セレクタから Cloud Assembly サービスを選択しています。

    Cloud Assembly のリストにスタータ クラウド テンプレートが表示されています。vRealize Automation Cloud トライアルのアクティベーションの結果、カタログに自動的に公開される特定のバージョンを含むクラウド テンプレートが 1 つ存在するようになります。このクラウド テンプレートは、Service Broker で直前に調べたカタログ アイテムのクラウド テンプレートです。

  11. このクラウド テンプレートを選択し、デザイン キャンバスで開いて、グラフィックとコードの両方の形式で表示します。

    クラウド テンプレート コードなどのサンプル クラウド テンプレートが表示されます。

    この例では、イメージ参照とフレーバー マッピングを含む単純な vSphere マシン コンポーネントを示します。imageRefphoton2.0.with-network-testertemplate: enum 値として設定され、flavor 値には size: enum 値のいずれか(小、中、大、特大)を指定できます。

    クラウド テンプレート コードなどのサンプル クラウド テンプレートが表示されます。

    この例では、ソース SDDC にテンプレートが 1 つのみありました。ソース SDDC に複数のテンプレートがあった場合は、クラウド テンプレート コードに複数の template: セクションが含まれます。

次のタスク

vRealize Automation Cloud を構成するサービスの詳細については、Quick cloud automation setup for VMware Cloud on AWS の詳細についてを参照してください。