vRealize Automation Cloud 評価版のオンボーディング プロセスを有効にしてから、そのプロセスによって作成されたオブジェクトを試してください。

評価版のアクティベーション プロセスが完了したら、Service Broker サービスで vRealize Automation Cloud アプリケーションが開き、選択した SDDC およびアクティベーション オンボーディング プロセスに基づいて作成されたオブジェクトを含む、完全に入力されたカタログ アイテムが表示されます。