この使用事例の目的は、Linux 仮想マシンを SaltStack Config 環境に接続して、プログラムによって Salt ミニオン サービスをミニオンにインストールすることです。

前提条件

Linux 環境で API を使用してミニオンを展開するには、次の条件が満たされている必要があります。
  • RaaS が展開された SaltStack Config 環境がある。
  • Salt マスターと Salt ミニオンがインストールされている。
  • Linux 仮想マシンが展開されている。

手順

  1. Salt マスターの etc/salt/cloud.deploy.d フォルダに次のファイルが格納されていることを確認します。

    ファイルが表示されない場合は、サポートにお問い合わせください。

    注: ファイル名(salt-xxxx-redhat-8-x86_64-amd64.tar.gz など)の xxxx は、Salt マスターのバージョンと一致する必要があります。Salt マスターのバージョンを確認するには、Salt マスターで salt-master -V コマンドを実行します。
  2. 環境がエアギャップ環境の場合は、次の手順を実行します。
    1. /etc/raas/raas で RaaS 構成ファイルを開きます。
    2. 構成ファイルに次の行を追加します。
      minion_deployment:
        airgap_install: true
    3. service raas restart コマンドを使用して、RaaS サービスを再起動します。
  3. Salt マスターの FQDN を特定するには、Salt マスターのターミナルで salt saltmaster grains.get fqdn コマンドを実行します。
  4. ping [FQDN] コマンドを実行して、Salt マスターの FQDN が構成されていることを確認します。
  5. Python を開くには、python3 を実行します。
  6. 環境に適した認証情報を使用して、SSEAPI クライアントを使用して次の API 呼び出しを行います。
    from sseapiclient import APIClient
    
    client = APIClient('https://<master-ip>', '<ssc-username>', '<sscpassword>', ssl_validate_cert=False)
    
    
    client.api.minions.deploy_minion(
    
     master_id = '<master-id>',
    
     host_name_ip = '<prospective minion’s ip>',
    
     os = ‘<prospective minion’s os>’,
    
     minion_id = '<desired-minion-name-for-prospective-minion>',
    
     username = '<ssh-username-for-prospective-minion>', 
    
     password = '<ssh-password-for-prospective-minion>',
    
    )

    SaltStack Config 環境で deploy.minion 関数の実行が開始されます。SaltStack Config ユーザー インターフェイスの [アクティビティ] タブで、ジョブが実行されていることを確認できます。

結果

Linux 環境および API 呼び出しからミニオンが正常に展開されて、構成されました。

次のタスク

[コマンドの実行] ウィンドウを使用してミニオンに対して test.ping コマンドを実行するか、Salt マスター コマンド ウィンドウで \* test.ping コマンドと \* test.versions コマンドを実行して、ミニオンが正常に展開されたことを確認します。