SaltStack Config では、複数のデフォルトのターゲットとジョブがサポート ファイルやピラー データとともに提供されます。サンプルのジョブ ファイルとピラー データは sse Salt 環境に配置されるため、base 環境内のファイルやピラー データとの間で干渉が発生しません。サンプル コンテンツには、ターゲット、ジョブ、ピラー データ、およびサポート ファイルが含まれます。

SaltStack Config の基本機能をテストするには、ユーザー インターフェイスでサンプル コンテンツの操作を試します。サンプル コンテンツを試す前に、管理するノードの一部に Salt ミニオン サービスをインストールすることが必要になる場合があります。

サンプルのジョブ ファイルとピラー データは sse Salt 環境に配置されるため、base 環境内のファイルやピラー データとの間で干渉が発生しません。詳細については、環境を参照してください。

ターゲットは 1 つ以上の Salt マスター上に構成されるミニオンのグループで、これに対してジョブの Salt コマンドが適用されます。Salt マスターもミニオンのように管理でき、ミニオン サービスを実行している場合はターゲットにすることができます。詳細については、ミニオンを参照してください。

ジョブは、リモート実行タスクの実行、状態の適用、Salt ランナーの起動に使用されます。詳細については、ジョブを参照してください。

SaltStack Config 内のファイルは、ジョブを介して適用できる状態を構成することに役立ちます。ファイルはファイル サーバに保存されます。ファイル サーバは、上位のファイルや状態ファイルなどの Salt 固有のファイルと、システム構成ファイルなどのミニオンに配布できるファイルの両方を格納するための場所です。詳細については、ファイル サーバを参照してください。

ピラーは、Salt マスターで定義されるデータの構造であり、ターゲットを使用して 1 台以上のミニオンに渡されます。これにより、機密のターゲット データを関連するミニオンにのみ安全に送信できます。詳細については、ピラーを参照してください。

SaltStack Config のサンプルを使用する方法

サンプルを使用すると、SaltStack Config 環境の設定にかかる時間を節約できます。デフォルトのジョブを使用すると、事前定義済みの状態ファイルとピラー データを利用して、頻繁に使用される操作の実行を開始できます。

また、独自のワークフローを構築するときにサンプルをモデルとして参照することで、さまざまなシステム要素をどのように組み合わせて構成すれば動作するかを把握できます。

デフォルト ターゲット

SaltStack Config には、特定のオペレーティング システムのすべてのミニオンを含むさまざまなデフォルト ターゲット グループが用意されています。os グレインを一致させることで、次のデフォルト ターゲットが定義されています。

  • CentOS
  • Linux
  • macOS
  • RedHat
  • SUSE
  • Ubuntu
  • Windows
  • Windows Server

詳細については、ミニオンを参照してください。

サンプル ジョブ

SaltStack Config には、さまざまな状態とリモート実行ジョブが用意されています。それぞれについては、以下で詳細に説明します。該当する場合は、関連するファイルとピラーの説明も示します。

[存在の有効化]

より正確な存在検出を可能にします。[存在] は、定義された直近の時間内に SaltStack Config がミニオンからジョブ データを受信したかどうかを示します。詳細については、ミニオンの存在を参照してください。

[Highstate]

対象のミニオンに対して state.highstate を実行します。highstate は、top.sls ファイルに構成されているすべての状態を適用する状態モジュールです。top.sls はユーザーが定義する必要があり、サンプル ファイルとして含まれていません。詳細については、ジョブを参照してください。

[Apache のサンプル]

ファイル
sse/apache/init.sls
ピラー
なし

Apache をインストールします。この状態には、ターゲット OS に基づいて Apache パッケージの正しい名前を特定するロジックが含まれています。

[ディスク使用率のサンプル]

対象のミニオンに対して disk.usage コマンドを実行します。

[DokuWiki のサンプル]

ファイル
sse/dokuwiki/init.sls,sse/dokuwiki/files/*
以下が含まれている
PHP、Apache
ピラーのカスタマイズ
  • dokuwiki_url: では、wiki が表示される URL パスを設定します(デフォルトは wiki です)。
  • wiki_title: では、wiki のタイトルを設定します(デフォルトは MyWiki です)。

[HTOP インストールのサンプル]

ファイル
sse/htop/init.sls
ピラー
なし

HTOP をインストールします。

[HTOP 削除のサンプル]

ファイル
sse/htop/remove.sls
ピラー
なし

HTOP を削除します。

[LAMP スタックのサンプル]

ファイル
sse/LAMP/init.sls
以下が含まれている
mySQL、PHP、Apache
ピラーのカスタマイズ
  • db_user: デフォルトは dbuser です。
  • db_name: デフォルトは dbname です。
  • db_pass: デフォルトは password です。
  • db_host: デフォルトは localhost です。

Apache、mySQL、および PHP をインストールします。

[mySQL のサンプル]

ファイル
sse/mysql/init.sls
ピラー
なし

mySQL をインストールします。

[PHP のサンプル]

ファイル
sse/php/init.sls
ピラー
なし

PHP をインストールします。

[ピラーの更新のサンプル]

対象のミニオンの Salt ピラーを更新します。これは、ミニオンにピラー データを割り当てた後に実行します。

[WordPress のサンプル]

ファイル
sse/wordpress/init.sls
ピラー
なし

WordPress をインストールします。

[test.ping]

対象のミニオンに対して test.ping コマンドを実行します。