vRealize Cloud Subscription Manager でクラウド プロキシを使用して、リモート データセンターからデータを収集および監視できます。通常、物理データセンターごとに必要なクラウド プロキシは 1 つのみです。vRealize Cloud Subscription Manager に 1 つ以上のクラウド プロキシを展開して、リモート環境と vRealize Cloud Subscription Manager の間に一方向通信を作成できます。

次のクラウド プロキシに関する考慮事項に注目してください。クラウド プロキシに関連する追加の考慮事項については、VMware Cloud Services クラウド プロキシを参照してください。

  • クラウド プロキシ OVA は、vCenter Server に展開する必要があります。ESX サーバへの展開はサポートされていません。

  • 一般的なリソース要件では、クラウド プロキシはクラウド プロキシ OVA を展開するときにデフォルト サイズを使用します。値を変更することはできますが、通常、サイズを縮小させることはありません。これは、クラウド プロキシ内で実行されているエージェントによって使用されるリソースに影響しません。エージェントごとに異なるリソース要件があります。たとえば、vrcsm-cloudproxy-agent は 1GB のメモリとホスト マシンで使用可能な CPU の全体を使用しますが、同様に構成されたエージェント コンテナ間で共有されます。設定は変更できますが、永続的ではありません。エージェントをアップグレードまたは再起動すると、デフォルトの設定の使用に戻ります。

次の手順を実行して、vCenter Server にクラウド プロキシを展開します。

前提条件

  • クラウド管理者権限が付与されていることを確認します。

  • IP アドレス、DNS エントリ、および vSphere に OVF テンプレートを展開する権限があることを確認します。vSphere にログインし、vCenter Server システムに接続していることを確認します。

  • ポート 443 を介したクラウド プロキシの送信 HTTPS トラフィックを許可します。

  • 443、22、8011 を介したエンドポイントからクラウド プロキシへの送信トラフィックを許可します。

  • クラウド プロキシをサポートするには、次のドメインへのアクセスが必要です。クラウド プロキシの要件の詳細については、構成ドキュメントのVMware Cloud Services クラウド プロキシの構成についてを参照してください。

    • data.mgmt.cloud.vmware.com

    • api.mgmt.cloud.vmware.com

    • console.cloud.vmware.com

    • ci-data-collector.s3.amazonaws.com

手順

  1. VMware Cloud 管理者の認証情報を使用して、VMware Cloud Services コンソールにログインします。
  2. [サービス] を選択し、[vRealize Cloud Subscription Manager] サービス タイルをクリックします。
  3. [設定] > [クラウド プロキシ] の順に選択します。[プロキシの追加] > [新規]

    の順にクリックします。
  4. クラウド プロキシ OVA をダウンロードします。ダウンロードした OVA の名前を vCenter1_vmc_va.ova のような一意の名前に変更します。

    クラウド プロキシ OVA をダウンロードして名前を指定すると、特定の用途に特定のクラウド アカウントを使用するなど、使用の目的を明確にすることができます。

    vCenter Server にクラウド プロキシをインストールするときに、このプロキシの名前を変更することもできます。

  5. お使いの vSphere Web Client データセンターに移動して vCenter Server クラスタの名前をクリックし、[OVF テンプレートの展開] を選択します。
  6. OVA を vCenter Server にインストールするには、指示どおりに情報を入力します。
  7. VMware Cloud Services OTK キーまたはトークンの入力を要求された場合は、[クラウド プロキシのインストール] 画面に戻ります。
  8. [キーのコピー] アイコンをクリックします。

    OTK キーは生成後 24 時間で期限切れになります。期限切れのキーを使用しないようにするには、続行する前に [キーの再生成] をクリックします。

  9. 仮想アプライアンスの [root ユーザー パスワード] を入力します。
  10. [クラウド プロキシの表示名] に名前を入力します。
  11. (オプション)追加のセキュリティを構成して接続がプロキシ サーバを必ず経由するようにするには、ネットワーク プロキシ ホスト名/IP アドレス、ネットワーク プロキシ ポート、ネットワーク プロキシ ユーザー名、ネットワーク プロキシ パスワードの各オプションを使用してネットワーク プロキシを構成します。

    これらのクラウド プロキシ設定の構成の詳細については、「VMware Cloud Services クラウド プロキシについて」を参照してください。

  12. [完了] をクリックします。
  13. 展開が完了するまで数分かかります。インストールしたクラウド プロキシを特定し、[パワーオン] をクリックします。
  14. vRealize Cloud Subscription Manager の [クラウド プロキシ] 画面に戻り、インストールしたクラウド プロキシのステータスを確認します。