クラウド管理者は、vRealize Cloud Universal サービスを購入してから、vRealize Cloud サービスおよび vRealize Cloud Subscription Manager サービスを有効にすることができます。

次に示す任意の vRealize Suite クラウドサービスの vRealize Cloud Universal サブスクリプションを有効にできます。
  • vRealize Operations Cloud
  • vRealize Log Insight Cloud
  • vRealize Network Insight Cloud
  • vRealize Automation Cloud

このトピックでは、vRealize Operations Cloud の例を示します。他の vRealize Suite サービスを有効にするには、例と同じ手順を繰り返してください。vRealize Suite サービスを有効にすると、組織内で vRealize Cloud Subscription Manager が自動的に有効になります。

注: 次の手順は、割り当てられた購入単位として CPU を使用する vRealize Cloud Universal サブスクリプションに固有のものです。コア ベースの手順については、 コア ベース vRealize Cloud Universal サブスクリプションを有効にしてオンボーディングする方法を参照してください。

手順 1:vRealize Cloud Universal 注文を利用する

  1. vRealize Cloud Universal サブスクリプションを購入すると、購入した各サービスの招待リンクが記載された E メールが送信されます。

  2. 招待メールのリンクをクリックして、VMware Cloud Services にログインします。

  3. VMware Cloud Services コンソールで、アカウントにリンクされているサブスクリプションを選択します。

  4. [組織の選択と作成] で、既存の組織を選択するのか、または新しい組織を作成するのかを選択できます。
    • 既存の組織を選択するには、検索クエリに組織名を入力します。必要な組織を選択したら、[続行] をクリックします。
    • 新しい組織を選択するには、[組織の作成] をクリックします。

  5. [組織と支払い] で [組織名][アドレス]、および [支払いモード] を入力します。

    [続行] をクリックします。

    [続行]をクリックして vRealize Cloud Universal を注文

  6. [サブスクリプションの適用] をクリックします。

  7. vRealize Cloud サービス ページのホーム ページにリダイレクトされます。リージョンを選択し、[続行] をクリックします。

  8. 指示に従って vRealize Operations Cloud の使用を開始します。
  9. vRealize Operation Cloud の手順を完了すると、組織で自動的に有効化された vRealize Cloud Subscription Manager を確認できます。

手順 2:クラウド プロキシまたは vRealize Suite Lifecycle Manager を使用して vRealize Cloud Universal ライセンスを有効にする

vRealize Cloud Universal ライセンスを適用する前に、次のいずれかのオプションを選択できます。

  • クラウド プロキシの新規インストールを実行して、オンプレミス vRealize インスタンスに接続します。クラウドプロキシのオンボーディング プロセスについては、vRealize Cloud Universal の簡素化されたオンボーディングのビデオを参照してください。
  • 既存の vRealize Suite Lifecycle Manager をインストールし、vRealize Cloud Lifecycle Manager で vRealize Cloud Universal ライセンスを適用します。

オプション 1:クラウドプロキシをインストールする

  1. VMware Cloud 管理者の認証情報を使用して、VMware Cloud Services コンソールにログインします。

  2. [サービス] を選択してから、[vRealize Cloud Subscription Manager] サービス タイルをクリックします。
  3. 左側のメニューで、[ライセンス管理] をクリックします。
  4. 使用するオプションを選択し、[ライセンスの適用] をクリックします。

  5. [VMware Customer Connect] 認証情報を選択します。

    新しい Customer Connect アカウントを追加する場合は、次の手順を実行します。

    • 左側のメニューで [設定] を選択し、[VMware Customer Connect] を選択します。
    • [VMware Customer Connect の追加] をクリックします。

    • ユーザー名とパスワードを入力し、[検証して保存] をクリックします。

    既存の Customer Connect アカウントを更新する場合は、次の手順を実行します。
    • [VMware Customer Connect] を選択してから、必要なアカウントを選択し、[更新] をクリックします。
    • ユーザー名とパスワードを入力し、[検証して保存] をクリックします。

    既存の Customer Connect アカウントを削除する場合は、エンドポイントに、Customer Connect アカウントに関連付けられたライセンスがないことを確認します。

    [更新] をクリックして、Customer Connect の vRealize Cloud Universal ライセンスを vRealize Cloud Subscription Manager と同期します。

  6. vRealize Cloud Universal ライセンスを選択してオンプレミス製品を有効にし、[次へ] をクリックします。

  7. クラウド プロキシを選択して、[次へ] をクリックします。

    注: 選択したクラウド プロキシのステータスが有効であることを確認します。

    クラウド プロキシを追加する場合は、次の手順を実行します。

    • 左側のメニューで [設定] を選択し、[クラウド プロキシ] をクリックします。

    • [プロキシの追加] を選択して、[新規] をクリックします。

    • .ova ファイルを vCenter Server にインポートして、インストールを完了します。
    • インストールが完了したら、[完了] をクリックします。

  8. [製品の追加] のドロップダウン メニューで [製品タイプ] を選択し、[バージョン] を選択します。

  9. [FQDN/IP アドレス] を入力します。
  10. 選択した製品に基づいて、[管理者パスワード] または [root パスワード] を選択できます。
  11. 必要に応じてこのチェック ボックスをオンにして、選択した製品からすべての無期限ライセンスを削除します。
  12. [検証と追加] をクリックします。検証が完了したら、[次へ] をクリックします。
  13. 詳細を検証し、[完了] をクリックします。

    オンプレミスの使用量が、vRealize Cloud Subscription Manager と自動的に同期されます。

オプション 2:Easy Installer を使用して vRealize Suite Lifecycle Manager をインストールする

いずれかのインストーラを使用して、必要な vRealize Suite 製品をインストールできます。

  • [VMware vRealize Suite Lifecycle Manager Easy Installer for vRealize Automation and VMware Identity Manager]:このインストーラは、vRealize Suite Lifecycle Manager、vRealize Automation、および VMware Identity Manager(別名:VMware Workspace ONE Access)をインストールする場合に役立ちます。このパッケージの OVA バンドルには、vRealize Suite Lifecycle Manager、vRealize Automation、および VMware Identity Manager のバイナリが含まれています。
  • [VMware vRealize Suite Lifecycle Manager Easy Installer]:このインストーラは、vRealize Suite Lifecycle Manager のみをインストールする場合に役立ちます。このパッケージには vRealize Suite Lifecycle Manager のみの OVA バンドルが含まれています。
vRealize Suite Lifecycle Manager をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. My VMware のダウンロード ページから vRealize Suite Lifecycle Manager Easy Installer 実行ファイルをダウンロードします。
  2. Easy Installer ファイルを選択します。

  3. vRealize Suite Lifecycle Manager Easy Installer ウィンドウの [インストール] をクリックします。

  4. 概要を確認したら、[次へ] をクリックします。

  5. エンド ユーザー使用許諾契約書に同意し、[次へ] をクリックします。カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを確認し、チェックボックスをオンにしてプログラムに参加します。

  6. vCenter Server の詳細を指定するには、[アプライアンス展開ターゲット] タブに入力します。
    1. [vCenter Server のホスト名] を入力します。
    2. [HTTPS ポート] 番号を入力します。
    3. [vCenter Server ユーザー名] および [パスワード] を入力します。

  7. [次へ] をクリックして、証明書の警告が表示されたら、[承諾] をクリックして続行します。
  8. 仮想アプライアンスを展開するには、ストレージの場所を指定する必要があります。
    1. vCenter Server ツリーを展開します。
    2. 任意のデータセンターが表示されるまで展開し、展開を特定の仮想マシン フォルダにマッピングします。

  9. [コンピューティング リソースの選択] タブでリソース クラスタを指定します。適切なリソース場所が表示されるまでデータセンター ツリーを展開し、[次へ] をクリックします。

  10. [ストレージの場所の選択] タブで、展開を保存するデータストアを選択し、[次へ] をクリックします。

  11. [ネットワーク構成] タブと [パスワード構成] タブの必須フィールドに入力し、[次へ] をクリックして、ネットワークとパスワードの構成をセットアップします。
    1. vRealize Suite Lifecycle Manager 仮想マシンの場合は、アプライアンスの NTP サーバを入力して、[次へ] をクリックします。

      すべての製品に対して指定するネットワーク構成は、構成設定で 1 回入力します。指定したパスワードもすべての製品で共通するため、製品のインストール中にパスワードを再入力する必要はありません。

      パスワードには、大文字、小文字、数字、特殊文字を 1 つ以上含める必要があります。使用できる特殊文字は ! @#$%^&*() です。パスワードにコロン (:) を含めることはできません。

  12. vRealize Suite Lifecycle Manager の構成設定を行います。
    1. [仮想マシン名][IP アドレス]、および [ホスト名] を入力します。
    2. 構成情報を指定します。[データセンター名][vCenter Server 名]、および [ディスク サイズの拡張] フィールドに入力します。
    3. 必要に応じて、[FIPS モードへの準拠] を有効または無効にします。
    4. [次へ] をクリックします。
    5. [概要] 画面で詳細を確認し、[送信] をクリックします。

手順 3:vRealize Suite Lifecycle Manager でライセンスを追加する

vRealize Suite Lifecycle Manager で Locker レベルの vRealize Cloud ライセンスを作成し、これらのライセンスを vRealize Cloud Subscription Manager に接続して、クラウドのデータ使用量を監視する必要があります。

  1. My VMware アカウントを持っていない場合は、[ライフサイクル操作] ダッシュボードに移動して [設定] をクリックします。
  2. [My VMware] をクリックし、vRealize Cloud アカウントを追加します。

  3. My VMware アカウントの詳細を追加して、[検証] をクリックします。

  4. My VMware アカウントが構成された後で、対応するライセンス キーが同期されます。
  5. [ライフサイクル操作] ダッシュボードで、[Locker] をクリックします。

  6. [ライセンス] を選択します。My VMware アカウントの下に vRealize Cloud ライセンスが作成され、[ライセンス] テーブルに表示されます。
  7. [ライセンスの取得] をクリックして、使用可能な vRealize Cloud Universal ライセンス キーを同期します。

  8. ライセンスを手動で追加するには、[ライセンスを手動で追加] をクリックします。
  9. [ライセンス エイリアス][ライセンス キー] を入力し、[検証] をクリックします。

手順 4:簡素化されたインポート フローを使用して vRealize Cloud Universal サブスクリプション ライセンスを有効にする

使用可能なライセンス アクションを実行するには、vRealize Cloud Universal のサブスクリプション ライセンスを有効にする必要があります。
  1. サブスクリプション ライセンスを有効にするには、vRealize Cloud ダッシュボードに移動し、[Cloud Universal] をクリックします。

  2. [サブスクリプション ライセンスの有効化] をクリックします。

  3. チェック ボックスをオンにして、vRealize Suite 製品に、続行するために必要なパッチが適用されていることを確認します。
  4. プラス (+) 記号を選択してライセンス キーの詳細を追加し、[検証] をクリックします。

    注: ライセンス キーは、vRealize Cloud サブスクリプションである必要があります。新しいライセンスを追加すると、vRealize Suite Lifecycle Manager の Locker の下にライセンス キーが表示されます。
  5. ライセンス キーが検証されたら、[追加] をクリックします。[次へ] をクリックします。

  6. [製品タイプ] および [バージョン] を選択します。
  7. [FQDN/IP アドレス] を入力します。
  8. 選択した製品に基づいて、[管理者パスワード] または [root パスワード] を選択できます。
  9. 必要に応じてこのチェック ボックスをオンにして、選択した製品からすべての無期限ライセンスを削除します。
  10. [検証と追加] をクリックします。検証が完了したら、[次へ] をクリックします。

  11. [クラウド接続の詳細] 画面に、次の 2 つのオプションがあります。
    • オンプレミスから VMware Cloud にサブスクリプション ライセンスの消費量を自動的に送信します。このチェック ボックスをオンにすると、サブスクリプションを vRealize Suite Subscription Manager に送信できます。このチェック ボックスをオンにした場合は、[API トークン] の詳細を入力します。
    • 無期限ライセンスで vRCU サブスクリプション ライセンスを使用:このチェック ボックスをオンにした場合は、[関連付けられた My VMware アカウント] の詳細を入力します。
    • 両方のチェック ボックスをオンにした場合は、[ネットワーク プロキシ] の詳細を入力する必要があります。
  12. [次へ] をクリックします。

  13. [サマリ] 画面で詳細を検証し、[完了] をクリックします。

    サブスクリプション ライセンスが有効になった後で、オンプレミスの使用量が自動的に同期されます。

手順 5:(オプション)vRealize Suite Lifecycle Manager オンプレミスの使用量を vRealize Cloud Subscription Manager に手動でアップロードする

インターネットに接続できないユーザー向けに、VMware はエア ギャップのあるダーク サイト システムでの手動アップロード機能を提供しています。オンプレミスの使用量データを vRealize Cloud Subscription Manager に手動でアップロードできます。
  1. vRealize Cloud ダッシュボードに移動し、[Cloud Universal] をクリックします。
  2. [ライセンス アクション] をクリックし、[使用量バンドルのダウンロード] を選択します。

  3. [ライセンス キー][目的] を選択し、[ダウンロード] をクリックします。

  4. vRealize Cloud Subscription Managerにログインします。 ホーム ページで [使用量] を選択し、[インポート] をクリックします。

  5. ダウンロードしたファイルをアップロードし、[次へ] をクリックします。

  6. 使用キーの詳細をコピーします。
  7. vRealize Suite Lifecycle Manager で vRealize Cloud を選択してから、Cloud Universal をクリックします。
  8. [ライセンス アクション] をクリックして、[使用キーの更新] を選択します。

  9. [ライセンス キー] を選択し、使用キーを入力します。[アップデート] をクリックします。