vRealize Network Insight Cloud は、VMware NSX-T、VMware SD-WAN、VMware Cloud、パブリック クラウドなどのマルチクラウド環境全体に対して End-to-End のネットワーク可視性を提供します。クラウド管理者、ネットワーク管理者、およびセキュリティ管理者は、vRealize Network Insight Cloud を使用して、管理対象のあらゆるパブリック クラウドとプライベート クラウドの使用状況に関する詳細を確認できます。このドキュメントでは、vRealize Network Insight Cloud サービスについて説明します。

vRealize Network Insight Cloud は、オンプレミス アプリケーションとクラウド アプリケーションのネットワーク フローとセキュリティの可視性を高め、NSX ベースの Software-Defined Data Center (SDDC) の管理を支援します。vRealize Network Insight Cloud を使用することで、ネットワーク リソースの問題を監視および診断できます。

たとえば、ネットワーク フロー、仮想マシン、および NSX セキュリティ ルールの確認、最適なマイクロ セグメンテーションの計画を行えるほか、それ以外のネットワーク管理操作を実行できます。

vRealize Network Insight Cloud に正常にオンボーディングするには、次の手順を実行する必要があります。

タスク 手順
VMware Cloud Services にサインアップし、vRealize Network Insight Cloud の評価版を要求する vRealize Network Insight Cloud へのサインアップ
注:
  • 評価版の制限について確認しておく必要があります。評価版の制限を参照してください。
vRealize Network Insight Cloud へのログイン vRealize Network Insight Cloud の評価期間の開始
コレクタを展開してクラウド プラットフォームに接続する Network Insight Collector の設定 (OVA)
注:
  • ファイアウォールの HTTPS ポート 443 によるコレクタと次のドメイン間の通信を許可するようにします。
    • us.pd.ni-onsaas.com(米国リージョン)
    • uk.pd.ni-onsaas.com(英国リージョン)
    • de.pd.ni-onsaas.com(フランクフルト リージョン)
    • au.pd.ni-onsaas.com(シドニー リージョン)
    • jp.pd.ni-onsaas.com(東京リージョン)
    • ca.pd.ni-onsaas.com(カナダ リージョン)

    サービスへのアクセスに使用するブラウザ URL からリージョンを特定できます。たとえば、https://ca.www.mgmt.cloud.vmware.com/ni という URL の場合は、ca が CA(カナダ)リージョンを示します。同様に、https://us.www.mgmt.cloud.vmware.com/ni という URL の場合は、us が US リージョンを示します。

    vRealize Network Insight Cloud で必要とされるポートとプロトコルの詳細については、VMware Ports and Protocolsを参照してください。

(オプション)VMware SD-WAN のコレクタの展開 AWS での Network Insight Collector (AMI) の VMware SD-WAN 用の設定
注: 環境に vCenter Server がなく、クラウド環境にコレクタをデプロイする場合は、AWS にコレクタを展開することができます。
vRealize Network Insight Cloud にデータソースを追加 vRealize Network Insight Cloud でのデータ ソースの追加

vRealize Network Insight Cloud へのオンボーディングが正常に完了した後、データ ソース関連の情報の表示、マイクロセグメンテーションの計画、アプリケーションのセキュリティと移行の計画などを行うことができます。詳細については、VMware vRealize Network Insight Cloud の使用を参照してください。