vSphere Web Client を使用して、vRealize Network Insight Cloud コレクタ OVA をインポートできます。

手順

  1. アプライアンスをインストールする [データセンター] を右クリックし、[OVF テンプレートの展開] を選択します。
  2. URL を入力して、インターネットから OVA パッケージをダウンロードしてインストールするか、コンピュータにある OVA のソースの場所に移動して選択します。
  3. 展開されたテンプレートの名前と場所を指定します。[次へ] をクリックします。
  4. 展開されたテンプレートを実行するリソース(ホストまたはクラスタ)を選択します。[次へ] をクリックします。
  5. テンプレートのすべての詳細を確認します。[次へ] をクリックします。
  6. エンド ユーザー使用許諾契約書を読み、[同意] をクリックします。[次へ] をクリックします。
  7. 展開の設定を選択します。[次へ] をクリックします。
  8. 展開されたテンプレートのファイルを保存する場所を選択します。仮想ディスクを格納するフォーマットを指定します。仮想ディスク フォーマットとして [シン プロビジョニング] を選択します。ファイルをインストールするデータストアを選択します。[次へ] をクリックします。
  9. ソース ネットワークのターゲット ネットワークを指定します。[次へ] をクリックします。
  10. 展開用のテンプレートをカスタマイズします。ユーザー インターフェイスから生成された共有シークレットを指定します。仮想マシン コンソールを使用してアプライアンスを手動で設定する必要があります。[次へ] をクリックします。
  11. すべての設定データを確認します。[終了] をクリックします。
  12. コレクタ OVA がインストールされたら、仮想マシンを起動してコンソールを起動します。
  13. 画面に表示されているコンソール認証情報を使用してログインし、setup コマンドを実行します。
  14. support ログイン用のパスワードを作成し、consoleuser 用のパスワードを変更します。
    注:
    • パスワードの長さは 6 文字以上にする必要があります。単一引用符 (') は許可されていません。
    • 組織のポリシーに準拠するには、supportconsoleuser のパスワードを定期的に変更する必要があります。
  15. 次の詳細を入力して、ネットワークを構成します。
    1. [IPv4 アドレス]:2 番目の予約済み固定 IP アドレス
    2. [ネットマスク]:上記の固定 IP アドレスのサブネット マスク
    3. [デフォルト ゲートウェイ]:ネットワークのデフォルト ゲートウェイ
    4. [DNS]:お使いの環境の DNS サーバ
      注: 複数の DNS サーバの場合は、それらがスペースで区切られているようにします。
    5. [ドメイン検索リスト]:DNS 参照用に追加する必要のあるドメイン
    6. y と入力して設定を保存します。
  16. NTP サーバを入力し、仮想マシンから確実にアクセスできるようにします。NTP 時間が同期されていない場合、サービスは起動に失敗します。
    注: 複数の NTP サーバの場合は、それらをカンマで確実に区切ります。
  17. (オプション) Web プロキシを設定するには、次の手順を実行します。
    1. y と入力します。
    2. Web プロキシの詳細を入力します。
  18. 共有シークレット キーが設定されているかどうかを確認するチェックが行われます。コレクタは、対応するプラットフォームとペアになります。この処理には、数分かかる場合があります。
  19. すべてのサービスが検証されます。
  20. [完了] をクリックすると、[プロキシが検出されました。] というメッセージがオンボード ページに表示されます。ログイン画面にリダイレクトされます。