vRealize Network Insight Cloud で VMware NSX-T IPFIX を有効にするには、次の手順を実行します。

前提条件

  • 次のいずれかの権限があることを確認します。
    • enterprise_admin
    • network_engineer
    • security_engineer
  • 分散ファイアウォール (DFW) ファイアウォールを有効にします。
  • Network Insight IPFIX プロファイルで優先順位 0 を使用できるようにします。優先順位 0 の別の IPFIX プロファイルがある場合は、別の値に変更する必要があります。

手順

  • NSX-T Manager データ ソースを追加または編集するときは、[IPFIX の有効化] を選択します。

次のタスク

IPFIX を有効にすると、vRealize Network Insight Cloud が独自の Network Insight Collector プロファイルと Network Insight IPFIX プロファイルを NSX-T に作成します。これらのプロファイルは変更しないでください。

NSX-T で IPFIX を有効にした後でフローが vRealize Network Insight Cloud に表示されない場合、次のイベントが発生する可能性があります。
  • Network Insight Collector プロファイルが NSX-T Manager に登録されていない。
  • Network Insight IPFIX プロファイルが NSX-T Manager に登録されていない。
  • Network Insight IPFIX プロファイルのポート番号が変更された。
  • Network Insight Collector プロファイルが、NSX-T Manager の Network Insight IPFIX プロファイルと一致しない。
    注: 上記の問題をすべて解決するには、NSX-T IPFIX を再度有効にします。
  • NSX-T Manager で Network Insight IPFIX プロファイルの優先順位がゼロではない。

    この問題を解決するには、NSX-T Manager にログインし、Network Insight IPFIX プロファイルの優先順位をゼロに設定します。

  • Network Insight Collector の IP アドレスを NSX-T Manager の既存の Network Insight Collector プロファイルに追加できない。

    NSX-T Manager の Network Insight Collector プロファイルからいずれかのコレクタを削除し、データ ソース ページから NSX-T IPFIX を再度有効にします。

  • 分散ファイアウォールが NSX-T Manager で無効になっている。

    NSX-T Manager にログインし、DFW ファイアウォールを有効にします。

NSX-T 2.4 では、NSX-T で IPFIX を有効にした後で vRealize Network Insight にフローが表示されない場合、以下のイベントが発生する可能性があります。
  • Network Insight IPFIX コレクタの設定が NSX-T Manager のコレクタ プロファイルにない。
  • NSX-T Manager に DFW IPFIX プロファイルがない。
これらの問題を解決するには、DFW IPFIX を再度有効にします。
注: NSX-T にあるすべての論理スイッチは、10 ~ 15 分以内に IPFIX プロファイルに追加されます。