VMware Cloud on AWS - NSX Manager をデータ ソースとして追加できます。

前提条件

  • API トークンを生成します
  • プラットフォーム ノードがインターネットに直接アクセスできることを確認します。また、ファイアウォール ルールによって、プラットフォームが Web プロキシを使用せずにインターネットに接続することを許可する必要があります。
  • 使用可能なすべての vRealize Network Insight Cloud 機能を使用し、VMware Cloud on AWS Policy Manager で DFW IPFIX を有効にするには、管理者ロールと NSX Cloud 管理者ロールが必要です。ただし、NSX Cloud 監査者(読み取り専用)ロールがあれば、機能にアクセスできます。詳細については、次の表を参照してください。
    組織ロール サービス ロール 許可されるアクション
    組織メンバー 管理者 データ ソースの追加、IPFIX の有効化
    組織メンバー 管理者NSX Cloud 管理者 データ ソースの追加、IPFIX の有効化
    組織メンバー VMware Cloud on AWS(すべてのロール) データ ソースの追加、IPFIX の有効化
    組織メンバー NSX Cloud 監査者 データ ソースの追加のみ

手順

  1. 次のいずれかの手順を実行します。
    • VMware Cloud on AWS - vCenter Server を追加していない場合
      1. VMware Cloud on AWS vCenter Server の追加
      2. [NSX Manager を追加] をクリックします。
    • すでに VMware Cloud on AWS - vCenter Server を追加している場合
      1. [設定] > [アカウントとデータ ソース] > [ソースの追加] の順にクリックします。
      2. [VMware Cloud on AWS] で、[VMware Cloud on AWS - NSX Manager] をクリックします。
  2. [新しい VMC NSX Manager アカウントの追加] 画面で、以下の操作を実行します。
    • 対応する vCenter Server を選択します。

      コレクタは、vCenter Server の選択に基づいて自動的に選択されます。VMware Cloud on AWS。対応する vCenter Server のコレクタ仮想マシンと同じコレクタ仮想マシンに NSX Manager を追加する必要があります。

    • 生成した IP アドレスと API トークンを指定します。

      NSX Manager の IP アドレスは、VMware Cloud on AWS SDDC の [サポート] タブで確認できます。

    • [Web プロキシ (オプション)] ドロップダウン メニューから Web プロキシを選択します。
      注: [Web プロキシ (オプション)] は、 vRealize Network Insight Cloud で Web プロキシを構成している場合のみ表示されます。
  3. [検証] をクリックします。
  4. 分散ファイアウォール (DFW) の IPFIX フローを収集する場合は、[DFW IPFIX の有効化] を選択します。
    注: 次のシナリオでは、エラー メッセージがポップアップ表示されます。
    • NSX Cloud Admin 権限がない。
    • DFW IPFIX コレクタ プロファイルにすでにコレクタを 4 つ追加している。DFW IPFIX を有効にできないも参照してください。
  5. データ ソースの [ニックネーム][メモ](ある場合)を入力し、[送信] をクリックします。