システム イベントを編集したり、指定したシステム イベントの通知を定義したりできます。

手順

  1. 特定のイベントの [有効] 列の隣にある編集アイコンをクリックします。
  2. 必要に応じて、イベント タグを追加または削除します。
  3. 重大度を変更します。
  4. 選択したエンティティでイベントを有効または無効にする場合は、エンティティの包含/除外を選択します。
    • 包含ルールを作成するには、次のようにします。
      1. [包含リスト] を選択します。
      2. イベント用に含めるエンティティを [条件] で指定します。
    • 除外ルールを作成するには、次のようにします。
      1. [除外リスト] を選択します。
      2. イベント用に除外するエンティティを [条件] で指定します。
    注:
    • 包含リストおよび除外リストの両方に複数のルールを作成できます。
    • NSX Manager を選択した場合、両方のリストに例外を追加できます。包含または除外のルールで特定のエンティティに対する例外を保持する場合は、例外を定義できます。
    • また、エンティティを包含または除外するための独自のクエリを記述して、Custom Search を指定することもできます。
  5. 通知の送信が必要な場合は、[通知の有効化] チェック ボックスを選択します。設定に応じて、次の操作を行います。
    オプション アクション
    メール サーバを構成していない場合 [メール サーバを設定] をクリックします。メール サーバの構成方法については、メール サーバの構成を参照してください。
    SNMP トラップを構成していない場合 [SNMP トラップの構成] をクリックします。SNMP トラップの構成方法については、SNMP トラップ先の設定を参照してください。
    メール サーバをすでに構成している場合 [E メールの頻度] ドロップダウン メニューで E メールを受信する頻度を指定し、[通知メールの送信先] テキスト ボックスにメール アドレスを指定します。
    SNMP トラップをすでに構成している場合 [SNMP トラップの送信先] ドロップダウン メニューで 1 つ以上の SNMP トラップ先を選択します。SNMP トラップ先は 4 つまで選択できます。
  6. [送信] をクリックします。